生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. インドで自分を魅力的にする方法

インドで自分を魅力的にする方法

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

インドを旅行するのなら、インドを舞台にした映画を観ておくことをオススメします。現地の人の視線や路地感覚を疑似体験しておくことで、旅行者特有の「あぶなげな初心者」な態度をしなくなります。

インドに行ったら、「まるで現地で生活している外国人のような」振る舞いを心掛けることを、私はオススメします。現地に暮らしている外国人に対して、ぼったくりのような不当な押し売り行為はないものです。

それに、インドの夜景の美しさは格別です。赤道に近い国ならではの空の色は、夕暮れから完全に夜になってしまう時間帯がベストポジションです。

旅行者視点が魅力的なインドを舞台にした映画

『インド夜想曲』

インド夜想曲 [DVD]
フランスの俳優、ジャン=ユーグ・アングラードが主演した紀行映画です。失踪した友人を探してインド各地を旅する主人公を演じています。

インドの空気を呼吸しているかのような疑似体験ができるのでオススメです。特に生活感あふれる路地の様子と、美しい夜景は圧巻そのもの。

紀行映画なので、旅行者の視点を持ち続けていられるのが魅力。

『食べて、祈って、恋をして』

食べて、祈って、恋をして
人気女優ジュリア・ロバーツが主演している映画です。アメリカ人が自分探しをする旅の物語です。旅行者の目に映るインドの魅力を、実に明確に捉えています。インド最大の魅力がなんであるかを、是非その目で見ておいて欲しいと思います。

インドを旅行するにあたっての注意点(宗教、食事)を、さりげなく学べるのもポイントです。

おわりに

『インド夜想曲』、『食べて、祈って、恋をして』、ともに原作小説があります。映画を観て、余裕があれば原作を読みながら、自分なりの旅のイメージを膨らませておくことをオススメします。

海外を安全に旅行する場合、旅に対してイメージトレーニングをしておくことが、現地で戸惑わないコツになります。

もちろん、百聞は一見にしかず。しかし、旅行者向け観光パンフレットや雑誌の特集記事を読んでいるだけでは得られないものがあります。それが「デジャヴ」、つまり映像で実際に観ておくこと得られる疑似体験です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100924182919

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る