生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. お風呂のシャワーを清潔に保つ方法

お風呂のシャワーを清潔に保つ方法

2012年05月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

水道の蛇口のつけねや、シャワーホースの汚れは意外と盲点になりやすいものです。こまめに掃除しなくても、一度、きちんと丁寧に掃除しておけば、そのあとお風呂場を清潔に維持するのが楽になります。

用意するもの

使い終わった歯ブラシ。

ポイントその1 水の出る場所を洗う。

シャワーホースの先端、シャワーヘッドを外して洗います。シャワーヘッドはフタのようになって取り付けられていますから、外してみると、中に汚れが付着していて驚くことがあるものです。

直接、顔や肌にお湯をかけるのですから、シャワーヘッドを清潔にすると、とても気持ちもスッキリしますよ。

ポイントその2 水の出る周りを洗う。

水の出る場所から洗い始めたら、次にその周りを洗いましょう。シャワーヘッドの周り、蛇口のまわりをブラッシングします。

歯ブラシを使用するとき、力を入れすぎないように気をつけるのがポイントです。汚れ自体そのものは表面的なものなのです。湿度の高い場所の汚れは、比較的落としやすいのも特徴です。

ポイントその3 排水溝を洗う

水の流れ去る場所は石鹸カスが付着しやすくて、乾燥していても白くなっていることがあります。最後の仕上げです、排水溝の周りも洗いましょう。

髪の毛がたまっていたりしますので、掻き出してしまいましよう。匂いのもととなる雑菌の繁殖がなくなります。

おわりに

1ヶ月~2ヵ月に一度の清掃で、ずいぶん効果があります。1年に1回だけでも、しないよりはしたほうがスッキリします。頻繁に行う掃除ではありませんから、終わったら使い切ったブラシは捨てましょう。

ブラシにはカビが発生しやすいので、もともと使い終わった歯ブラシを利用して、そのまま捨てるほうが衛生的です。一度、細かい掃除をしておくと、あとは重曹水を利用して、こすらずにピカピカを維持する方法を取りましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100925215235

本記事は、2012年05月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る