生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ためになる公務員浪人生活の体験談

ためになる公務員浪人生活の体験談

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

はじめに

世の中には2種類の人間がいます。試験に落ちる人と受かる人です。私は、公務員になる為の勉強だけに取り組むのではなく、日々の生活を楽しみながら公務員浪人生活を楽しみました

無駄なことは何もない!色々経験しましょう!

よく遊ぶべきです。

毎週マンガを読んだり、たまには、旅行に行ったりしました。また、地域振興等行事にも参加したりしました。街コンの企画運営スタッフなんかもやってみました。遊びのつもりで行った街コンスタッフ等は実施に事業の際の会議にも役立ちました。

よく勉強すべきです。

自分は独学だったので、本を読んだりして調べているうちにどの参考書がいいのかわからなくなりました。いろいろ手を出して非効率な学習だったと思います。 その中で自分には過去問重視の学習が向いていると気が付き実践しました。

問題文を読みながら、解説文に目を通すと自然と重要な部分の解説が繰り返し登場し、初めは意味が理解できなくても、過去問を繰り返しよんでいるうちに理解できるようになりました。一日何時間とかノルマを決めることじゃない、自分の納得のいく勉強がお勧めです。自分は2,3日勉強しないことなんかはたびたびありました。

ただ、やる時は、数的推理10問解くまでとか、判例50読むまでとか目標を決めてやりました。

よく悩むべきです。

このままでいいのか?自分のやっていることはただしいのか?等、いろいろ悩むことがあると思います。いっぱい悩んで、いっぱい考えると自然と進むべき道が見えてきます。

経験がいつかどこかで自分を救う武器になります。

相棒です

おわりに

公務員になることがゴールじゃない!公務員になって自分の目標を達成することがゴールなのです。公務員になり、スタート地点に立つことも重要ですが、スタート地点に立った時に何もできない、わからないでは、いけないと思います。そうならない為の準備期間が自分にとっては公務員浪人生活でした。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121108000654 509a790e0aa7c
  • 20121108000654 509a790e0aa7c

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る