生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 静岡なら伊豆下田!上手に海水浴を楽しむ方法

静岡なら伊豆下田!上手に海水浴を楽しむ方法

2012年11月09日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

筆者の海好きは物心ついた頃から。小さいころは両親に毎年海水浴へ連れて行ってもらったり、独身の頃も友達や恋人と行ったりしました。平日でも友達や恋人と海を眺めながら語り合うのがとても好きでした。結婚した今でも、冬場でも子供を連れて浜辺で遊んだりしています。

小さい頃から新婚旅行へ青い海のある場所へ。それが夢でしたがそれも新婚旅行で叶いました。

海と言えばやはり海水浴。今では家族で海好きに。もちろん毎年一度必ず行く海水浴も欠かせません。欲を出して夏場は必ず一回青い海へ行くのが恒例です。

海水浴だけじゃもったいない。海水浴+αで海をもっと楽しむ方法と、おすすめのビーチについて紹介します。

おすすめの海

伊豆下田

おすすめの海と言えば、静岡県にある伊豆下田の海水浴場。白浜、外浦…などさまざまな海水浴場があります。下田の海水はとてもきれいで澄んでいるのが特徴。国の水質基準でもトップクラスの水質を誇っています。とてもきれいなことから、海水浴客やサーファーなどに人気があります。

海水浴場によっては、白い砂浜もあることからビーチリゾート気分を味わうことも可能。近場でこのような海があるのはここだけです。筆者もはじめて訪れたときは、こんなにきれいな海があったなんて…と感動しました。

さらに水がきれいなことから、お盆を過ぎてもてもくらげの発生がないのが特徴。長い間、海水浴を楽しむことができます。

おすすめの海水浴場

多々戸浜海水浴場

でもその中でも多々戸浜海水浴場は穴場だと言われている海水浴場のひとつ。ウミガメが産卵に訪れる程きれいな水、波も穏やか、遠浅、白い砂浜の4拍子が揃っているのが特徴。

家族連れに人気のスポットで、穴場として知られています。今ではそれが拡がり、今では若い人も多々見かけるようになりました。

下田の白い砂浜、青い海で有名な白浜海水浴場も同じように人気のスポットですが、人気がありすぎて、とても混雑しています。駐車場も朝早く行かないと確保できません。多々戸浜は白浜ほど混雑していないのでおすすめです。

多々戸浜海水浴場と並んで、入田浜海水浴場も同じく人気の穴場スポットです。

伊豆下田の海の上手な楽しみ方

シュノーケルできる

水がきれいな海ならではのマリンスポーツがシュノーケル。ライセンスも不要で水中メガネさえあればできる手軽さがいいところです。

水中に潜ると、エイやウツボ、エビ…など、中々水中で見ることのできない海の生物を見ることができてとても楽しかったです。子供たちもゴーグルをつけて、海の中を覗き込んで海の生物を観察していました。

おすすめは9月上旬

お盆過ぎでもくらげの発生がない伊豆下田。まだまだ9月上旬の気候は夏。でも夏休みが終わったせいか、海水浴場がぐっと空くのも9月です。そのような理由からおすすめは9月上旬。混雑なく海水浴を楽しむことができました。

9月上旬だと、海の家は閉店しているものの、海水浴場は空き、駐車場も空くので一番穴場シーズン。そのように宿泊した施設のオーナーもおっしゃっていました。

近隣の宿泊施設も9月に入ると宿泊料金がぐんと安くなるのでおすすめです。

宿泊を兼ねて

伊豆の入り口から最南端の下田への道のりは一般道を使えば2時間かかります。近場とは言えども遠い伊豆下田。海水浴場近くの宿へ泊るととても便利です。筆者は静岡県の東部に住んでいますが、同県の自宅からでも3時間かかります。

初日は帰りの心配もなく丸1日楽しめるし、翌日も早い時間から海へ行くことも可能。さらに宿の駐車場へ車を駐車することができるので駐車代金もかかりません。

宿泊を兼ねてじっくりと滞在するのにぴったりの海だと思いました。

おわりに

伊豆下田での海水浴は本当におすすめ。多少時間がかかったとしても、きれいな海を見るだけで本当に来てよかったな、と思ってしまいます。

ぜひ参考にしてくださいね。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121107124332 5099d8e4c6632

本記事は、2012年11月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る