生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ペルーと日本の時差、飛行時間について

ペルーと日本の時差、飛行時間について

2012年11月09日作成

 views

お気に入り

はじめに

ペルーは日本のほぼ裏側と言っても良いほど遠い場所にあります。マチュピチュ遺跡やナスカの地上絵、アンデス山脈など、歴史や自然の魅力にあふれたペルーへの空路、どのような旅になるのかを紹介します。

時差

日本との時差は-14時間。

日本が月曜日の夜中24時の時、リマ(首都)では日曜日の午前10時になります。

経路と時間

日本からペルーへの直行便は出ていない為、アメリカ(やメキシコ)での乗り継ぎが必要になります。乗り継ぎが悪いとアメリカで一泊することもあります。

同一航空会社でペルーまで行く場合はアメリカ着日と同日にペルーまで到着することが出来ます。航空会社選びの際に気を付けて下さい。

飛行時間

  • 日本からアメリカの乗り継ぎ地まで 約13~14時間

  • 経由地からペルー(リマ)まで 約6時間

  • 乗り換えの時間を含め 約20時間~24時間

乗り継ぎの際、入国管理で時間がかかることもあります。可能な限り、早めに飛行機を降りて手続きに向かうのがベターです。荷物は自分の身体とは別の動きになるため、それぞれ出発空港へのチェックイン時にカウンターで最終到着地を確認しておくと良いでしょう。

空港から市街地へ

首都リマにある「ホルヘ・チャベス国際空港」最寄りの繁華街、ミラフローレス地区まではタクシーで45分、s./10程度です。一度市外へ出る為には空港からタクシーを使うと良いでしょう。

市内での移動はタクシー、観光地ごとの中~長距離移動ならバス、場所によっては国内線の飛行機移動がおすすめです。タクシーは値段交渉が必要なため、ホテルの方に値段の相場を聞くか、一緒に交渉を手伝って貰うと良いでしょう。

さいごに

ペルーはアマゾン、高地、砂漠地帯と様々な表情を持つ、偉大な歴史遺産と雄大な自然に囲まれた国です。決して移動の楽な場所ではありません。

限られた旅行日程の中で、観光地ごとの移動は大きな時間を占めてきます。どのようなルートをどのように移動するか、ローカルな行動をするのか安全重視で動くのか、など検討の余地が大いにあります。

ご自身の目的、予算、日程などに合わせて色々と調べてみることをおすすめします。

高地なので、高山病の心配などもあると思います。体に無理なく、全ての行程を満喫できる素敵な旅になりますように!

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121107031531 509953c31e17b

本記事は、2012年11月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る