生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. プラスマイナスゼロの三徳包丁を選んだ理由

プラスマイナスゼロの三徳包丁を選んだ理由

2012年11月09日作成

 views

家電などでもおなじみの「プラスマイナスゼロ」。この包丁を愛用して約1年になりますが、とても気に入っています。プラスマイナスゼロの三徳包丁の魅力をまとめてみました。

プラスマイナスゼロ三徳包丁について

価格は約8,000円。行きつけのインテリアショップで購入しました。購入のきっかけは、見た目とブランドネームでした。

購入前に調べたところは、プラスマイナスゼロが、包丁の街である岐阜県関市でデザインと製造をおこなったステンレス包丁。使い心地やメンテナンスまで設計された優れものです。

信頼できるブランドがしっかり考えたものなら、間違いない!ということで購入しました。

プラスマイナスゼロ三徳包丁の魅力

ポイント1: 握りやすい

包丁の柄の部分がしっかりと磨き上げられていて、とても滑らかです。幅も広すぎないので手が疲れません。

ポイント2: 包丁が軽い

写真は包丁を上から撮影した画像です。刃の厚さがけっこう薄いので、包丁自体が重くないです。ステンレスという理由もあるのでしょうが、刃が薄いと軽いし、見た目もスタイリッシュです。

ポイント3: おしゃれ

プラスマイナスゼロの刻印がされているだけで、ファンにとっては嬉しいものです。でも、本当におしゃれだと感じるのは包丁のツバの部分です。通常の包丁より長さがあって、曲線のラインになっています。

なんとなくおしゃれ。と思っていたら、こういうところに工夫が施されているようです。

ポイント4: 使い勝手が良い

「三徳包丁」というだけあって、肉・魚・野菜に対応した万能な包丁です。我が家では、この包丁1本で全てをまかなっています。よっぽど本格的な料理でない限り、十分対応できます。

ポイント5:メンテナンスが楽

この洗剤はNG!などといった制限が特にありません。クレンザーも使えるし、研石も使えるので、気軽に扱えます。水分さえしっかり拭き取れば簡単に錆びることもありません。

おわりに

8,000円と少し値段は高めですが、見た目も使い心地も良いのでとても気に入っています。

お祝いごとで贈りにくいアイテムなので、誰かにプレゼントすることはないかもしれませんが「自分のお気に入りのキッチンアイテム」として購入するにはとてもおすすめしたい1本です。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121108192445 509b886d44a66
  • 20121108193758 509b8b86506bd
  • 20121108194013 509b8c0d13e47
  • 20121108194203 509b8c7b33414
  • 20121108194955 509b8e539e172

本記事は、2012年11月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る