生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 家族みんなで協力&節約 引越の仕方

家族みんなで協力&節約 引越の仕方

2012年08月29日更新

 views

お気に入り

はじめにーみんなでやる引越し

引越しのシーズンが近づいてきています。もしかすると来年のはじめぐらいに大きな人事異動があるかもしれません。

その際引越しを業者の方に頼むかもしれません。それはそれでいいんですが家族みんなで一度引越しをしてみませんか? もちろん全てではなくて、一部ですが。

みんなで荷造り

引越しの荷造りのパターンというのはいくつかあって、業者さんが荷造りからやってくれるケースとこちらでやるパターンがあります。時間がないときは前者を使うことが多いですが、大体は自分で荷造りするのではないでしょうか。

案外業者さんに頼むといらないものも入れてしまって、その分料金に追加されてしまったということで損してしまうこともあります。今だと引越しやさんがゴミを引きとってくれることもあるのでそれをうまく使いましょう。

そのためにも家族総出でいらないものといるものを分けていきましょう。

意外とやってしまう回想

よくドラマで引越しの作業中に探していた本が出てきたり、懐かしい物を見つけて手を休めてしまうシーンがあります。冗談と思うかもしれませんが実際の引越しで普通に起こります。

もちろんこんなところで手を止めては話にならないのですが、それで必要なものかどうか判別するのはありと思います。

引越しを通して夫婦仲が良くなることも多いそうです。そういった昔のものを見つけて思い出し、中がもどることもあるんだそうです。

捨てるかいらないか判別させる

小さな子供だと、どれも持っていくということになってしまいます。その場合はきちんと説明して、自分でどれを持って行ってどれを処分するか決めさせましょう。

こういったことで決断することを覚えさせることができます。引越しが終わってから痛い目を見ることも多いですが、そうやって決めることを覚えさせられます。

決まらないから親のほうで決めるというのもあるかもしれませんが、あとあと「どうして捨てちゃったの」っては暗視になって非常に面倒です。時間がかかっても確認と決断はさせるべきです。

車があるなら大きな物以外は運ぼう

車の大きさにもよりますが、ダンボールにいれて詰めるだけ詰めてしまいましょう。可能であれば大きな物以外はすべて車で動かせるようにしておくと良いと思います。

一軒家の引越しの場合難しいですが、マンションからマンションといった小さい家屋での移動の場合は大きな荷物を買い換えてしまうのも手です。引越しのうまい人だと業者を使わず家具をすべて買い換えるのだそうです。

レンタカーで軽トラにして運べない大きな家具はなくなるので、結果として業者がいらずすべて自分たちで引越しが可能になります。

レンタカーの場合話をすればサービスで台車がつくので、これもおすすめです。

おわりにー引越しをうまく使ってコミュニケートや成長を感じる

家族総出ということで、みんなの力を借りることになります。引越しも大事ですが、コミュニケートしたりするのも大事です。途中で挙げた決断をさせたり、自分から動くように教育できる場でもあります。

引越を繰り返している家族というのは家族間の仲がいいところが多いです。ですので家族の不仲も引越しを利用して解消しませんか? 業者に頼まず、みんなで一つのことをこなすことも面白いですよ。

本記事は、2012年08月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る