生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 写真アルバムを片付ける3つのステップ

写真アルバムを片付ける3つのステップ

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

その時その時の風景を切り取る写真。心に残したい風景だったり、家族や友人との楽しい思い出だったり、いつまでも残しておきたい気持ちでアルバムにおさめていることでしょう。

思い出がどんどん詰まっていくのは嬉しいものですが、量が増えるとどうしても収納に困ってきます。あの写真を…と思ってもどのアルバムだったか探すのに一苦労、そんな経験はありませんか?

大切な思い出にホコリをかぶせないアルバムの片づけ方を3ステップでご紹介します。

用意するもの

  • 写真用アルバム(しっかりとした素材の台紙を増やせるタイプのもの)
  • デジタルカメラ
  • 画像を保存するDVDディスクやSDカードなど

やり方

STEP1:写真を振り分ける

同じような表情の写真が何枚もありませんか?

それぞれ微妙に表情がちがったりして処分するのにしのびなく取ってある写真も多いのでは。ここでは似たような写真をそれぞれグループ分けしていきます。

STEP2:グループごとに傑作の1枚を選び出す

ここでは出来るだけ家族揃って参加しましょう。

分類したグループ毎にそれぞれ各シーン1枚ずつ、これはという写真を選び出し貼っていきます。もしも選びきれない場合、各人が1枚ずつまでと決めて選び出します。

グループ分けした状態のまま取り分けましょう。この後の作業がスムーズになります。

STEP3:残った写真をデジカメで撮影しメディアアルバムに

「STEP2」までにグループ分けされているので順番にデジカメで撮っていきます。撮影した写真をDVDディスクやSDカードなどの媒体にコピーして保存します。

ここまでのステップでグループ分けされているので保存の際にフォルダ分けしておけば後から探すのにも便利です。

メモリファイルがなく写真という形で保存したものは時間とともに劣化していきます。ここでデジタルファイルにしておけばいつまでもほぼ同じ状態で保存することが出来ます。

撮影のコツ

1: 自然光でフラッシュはたかずに撮る

自然光に近い明るい場所でフラッシュをたかずに撮ると経験として元の画像と近いものが撮れるようです。

2: 手振れを防止

手ぶれ防止にあれば三脚を、なければ固定できる台を用意すると良いでしょう。

3: スキャナよりも、デジカメ撮影

カラーで取り込めるスキャナがあればよりオリジナルに近い画像で取っておくことが出来ますが、読みこむ時間がかかると枚数をこなすのも大変になってくるのでデジカメ撮影をお勧めします。

おわりに

アルバムには一番お気に入りの一枚を、他の画像はデジタル可してメディアアルバムにと振り分けるようにすれば場所もとらず、また、思い出を振り返るにも手に取りやすく今までよりずっと手近になるはずです。

不要になった写真はしのびないですが、安全のためにもシュレッダーにかけるか小さく切って処分することをおすすめします。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121031223324 509128a4abcca
  • 20121031223208 50912858d4aec
  • 20121031223324 509128a4abcca
  • 20121031223421 509128dd1863a

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る