生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 感動!新婦から母への手紙をうまくこなすコツ

感動!新婦から母への手紙をうまくこなすコツ

2012年11月07日作成

 views

お気に入り

はじめに

結婚式で、一番盛り上がり、感動を呼ぶシーンといえば、新婦から母への、感謝の手紙を読み上げるシーンですよね。ですが、読み上げる本人は、大勢の人の前で、うまく朗読できるかどうか、式の前からとても不安になってしまいます。

そこで、執筆者が結婚式に感謝の手紙を準備し、朗読した時の体験談と、うまくこなすコツを紹介したいと思います。

感謝の手紙の準備・朗読の体験談とコツ

手紙の内容

執筆者は、式前の一番盛り上がった気持ちを、普段の言葉で伝えたかったので、式の2日目に、いつもの話言葉で手紙を書きました。難しく考えることもなく、思いのままに綴ったので、10分ほどで書いてしまいました。

内容は、早くから父を亡くした執筆者を女手1つで育ててくれた母への感謝の気持ちと、反抗した時にも、温かく見守ってくれた母への尊敬の気持ち、それから、

これからは新しい家族と、素敵な家庭を築いていきますので、安心して見守っていてください。

と、母を安心させる言葉で締めくくりました。

かまえた内容の手紙よりも、母への素直な気持ちを綴った手紙のほうが、感動も大きいです。

朗読した時の気持ち

人前で手紙を朗読する時は、緊張してしまうかと思ったのですが、周囲が真っ暗で、母だけがライトアップされている状況だったので、母だけに向けて手紙を読んでいる気持ちになり、それほど緊張はしませんでした。

ただ、感極まって、読み始め早々に泣き出してしまい、友人達の

頑張って!

という声に励まされて、泣きながらも、なんとか読み終えました。

感極まると、大勢のゲストのことなんか忘れてしまって、それほど緊張しませんよ。

感想

読み終えて、照明が明るくなると、約60人のゲストが、ほとんどみんな泣いて感動していました。そんな温かい状況に、自然に笑顔がこぼれました。

執筆者は、ゲストを感動させたい、と思って手紙の内容を考えたわけではありません。ただ、素直な感謝の気持ちを綴っただけですが、多くの人の心に、そんな素直な気持ちが響いたのだと思います。

母に感謝の気持ちを伝えられる機会なんて、なかなかないので、良い機会だったと思います。

おわりに

母への感謝の手紙をうまくこなすには、飾らずに、普段どおりの言葉で、素直な気持ちを伝えることが大切です。

難しい言葉も、朗読の練習も必要ありません。その時の温かい気持ちを、母だけに向けてぶつければ、緊張することもなく、うまく朗読することができますよ。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121106101606 509864d6c3c09

本記事は、2012年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る