生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. いよいよ本番!結婚式当日の新婦の心構え

いよいよ本番!結婚式当日の新婦の心構え

2012年11月07日作成

 views

お気に入り

はじめに

新婦にとって、特別な1日となる結婚式当日。どうしても、緊張してしまいますよね。今まで何度も打ち合わせを重ねて、作り上げてきた、大切な結婚式がうまくいくかどうか、不安な気持ちでイッパイになってしまいます。

執筆者は6年前に、60人程度のゲストを招待して、人前式というスタイルの結婚式を行いました。そんな執筆者の、結婚式当日の経験談と、心構えを紹介したいと思います。

結婚式当日の新婦の心構え

その1:主人公になれる1日を楽しむ

人生の中で、自分が主人公になれる1日というのは、何度あるでしょうか?結婚式というのは、自分が主人公になれる、数少ない場面です。

執筆者は、自分達夫婦が主人公となり、多くの方の前に出ることに、大変緊張すると思っていました。ですが、案外、緊張することはなく、自分達が主人公になっていることに、まるで芸能人にでもなったような良い気分になり、式当日をとても楽しむことができました。

主人公になっている自分に酔いしれてしまいましょう。

その2:来て下さった方への感謝

執筆者が、式の始まりから終わりまで、常に心がけていたことは、式に来て下さったゲストの方々への感謝の気持ちを忘れないことです。

当日は、お色直しなど、新婦はとてもバタバタとして忙しいですが、そんな中でも、ゲストの方々に笑顔を振りまき、

今日は、来てくれてありがとうね。

という言葉を、ほぼ全員にかけて回りました。

結婚式は、今までお世話になった方々に感謝の気持ちを伝える場でもあります。

その3:ゲストを楽しませる

式当日、執筆者は、芸能人になったような感覚で、来て下さったゲストの方々を楽しませようと心がけました。様々な余興や、お料理、それから、サプライズな演出や、新婦から母への手紙・・・など、笑える場面泣ける場面を作り、ゲストの方々に映画を見に来たような気分で楽しんでもらうように心がけました。

結果、約60人のゲストが、ほぼ全員、最後には感動の涙を流し、

本当に良い結婚式だった。とても感動した。

と喜んでくれました。

ゲストに楽しんでもらえるようにと考えていると、緊張もあまりせず、自分自身も式を楽しめました。

おわりに

結婚式の当日、式が始まるまでは、緊張でガチガチになってしまいがちです。ですが、式が始まれば、目の前にいるのは見慣れた友人や親類ばかり。リラックスして、エンターティナーになったつもりで、ゲストを楽しませ、自分も楽しむことができました。

式当日、何よりも大切なことは、式を楽しむことです。式場には、頼りになるプロのスタッフの方が大勢いらっしゃいますから、安心して、式を楽しみましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121105055649 5096d69147034

本記事は、2012年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る