生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. はじめてのデパ地下の買い物の行き方

はじめてのデパ地下の買い物の行き方

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめにー遠くなってきた百貨店

今年銀座三越が改装が入りました。最近だと新宿伊勢丹や池袋の東武と西武ともに改装しました。しかしながら閉店する百貨店というのも多いのが現実です。

ですが、百貨店が非常に面白いエリアであるのは変わりありません。その一つがデパ地下です。未だに名店が並ぶデパ地下に行ってみませんか?

営業時間に注意。

意外と引っかかる時間

都内ですと池袋以外の百貨店は八時に閉店します。その関係もあって七時半過ぎになると品物がだいぶ少なくなってしまっている場合があります。そのためお早めに行くことをおすすめいたします。

こちらは百貨店によって違いがありますが、大体閉店三〇分前には片付けに入っていることが多いです。同時にその時間帯に行けばモノが少ないか安くなっているかのどちらかの状態になります。

買い物をするのであれば閉店一時間前ぐらいが良いかと思われます。またショップに寄っては早い時間帯で売り切れというところもありますのでご注意ください。

惣菜&生鮮ブロックと、菓子&酒類ブロック。

百貨店の場合、菓子と酒、惣菜と生鮮品のブロックで分かれていることが多いです。通常惣菜ブロックのことをデパ地下と呼びます。

ですが百貨店によっても傾向が違っていて、地方だと全て一緒の場合が多く、新宿伊勢丹だと生鮮ブロックがなくなってしまいました。この傾向は都内だと多い傾向になっています。

デパ地下で買い物するときのタイミング

百貨店で一番すいているのは平日の午前中です。十一時半ぐらいからお昼の買い物でぱたぱたと混みだします。OLさんがそれを見越して十一時頃にやってくることも多いです。

夕方となると大体四時半頃に人が増えてきます。大体人が引いていくのは七時前ぐらい。それ以降で大きくものが動くということは少なかったりします。もちろんこの時間になると物がなくなってきますからね。

そういったわけで、実際にデパ地下で買い物にいく場合は十一時過ぎから十二時前。もしくは四時頃、七時頃となります。

ただ七時に関してはお弁当や目当ての商品がある確率はあまり高くありません。ただ残り物でも安く買える可能性はあります。

ちなみに顔なじみになってくると、取置してもらったり多少安くしてもらえたりといったこともできるようになってきます。それ以外にも新しいメニューの情報等ももらえる点も魅力と言えます。

さいごにー通うことで手に入る情報

基本的に百貨店にいる店員さんは気の良い方が多いです。気に入られるとその店舗のそばを歩くだけで声をかけられたりしますが、なかなかうれしいものです。

それがどんどん大きくなっていくと隣のお店に呼ばれたり、余り物をもらえたりといったこともありますし、飲み会に誘われることだってあります。

そうなったとしても、あまりハメを外さずに、お客さんと店員さんの関係を崩さずに行きましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100926051644

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る