生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 友人にスピーチをお願いするときのポイント

友人にスピーチをお願いするときのポイント

2012年11月07日作成

 views

はじめに

結婚式は、新郎新婦にとっても、良い思い出に残る1日にしたいですし、来てくださるゲストの方々にも、良い1日であってほしいですよね。

そこで、そんなゲストの中でも、特に友人に式に参加してもらうため、執筆者が実践した、スピーチを依頼するときのポイントを紹介したいと思います。

友人にスピーチをお願いする時のポイント

その1:人選

友人の中でも、人前で話すことに慣れている人を選ぶことが大切です。緊張して、人前で話すのが苦手でどうしようもない、というタイプの友人に依頼すると、相手に負担をかけてしまいます。

執筆者の場合、友人に、あまり人前で話すことに慣れている人がいなかったので、仲の良い2人にお願いしました。1人では不安で出来ないことでも、2人になると、心強くなるようで、約60人のゲストがいる中で、素敵なスピーチをしてくれました。

大切なのは気持ちです。スピーチを考える文才があるかどうかは、人選には関係ありません。

その2:依頼の時期

スピーチの内容を考えたり、心の準備をする必要もありますし、式場にも、スピーチしてくれる人の名前を伝えなければならなかったので、早めに、式の3ヶ月前くらいに依頼しました。

特に2人にお願いする場合は、2人が会って話し合える時間を取れるように、早めに依頼することが大切です。

その3:依頼の方法

親しい友人なので、まずは、普段の連絡ツール、メールを使って依頼しました。依頼の内容も、普段どおりに、

○○ちゃんに、お願いがあるんだけど・・・○月○日の私の結婚式で、○○ちゃんと2人で、スピーチしてくれない?

という感じです。それで、OKをもらったら、今度は招待状に、

式当日、友人代表のスピーチをお願い致します。

というような文面の小さなカードを同封して送りました。

おわりに

友人のスピーチは、なかなか負担が大きいので、依頼しにくいかもしれません。ですが、新郎新婦の幸せを願い、心から祝福したい、式を盛り上げたいと思ってくれる気持ちは、参加してくれる友人のほとんどが抱いていると思います。

できるだけ、負担にならないような相手を選び、負担にならないような方法で、スピーチをお願いしてみましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121104063731 50958e9b3663c

本記事は、2012年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る