生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 一人暮らしでご飯を炊く時の必需品「冷凍ご飯容器」

一人暮らしでご飯を炊く時の必需品「冷凍ご飯容器」

2012年11月06日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

一人暮らしをしている娘が自分で買ってとても便利だと言うので、実家でも買って使ってみました。「冷凍ご飯容器」は一人暮らしには必需品だというのも納得できました。この「冷凍ご飯容器」の便利なところと使い方を紹介しましょう。

形状・材質

大きさは16x8x3cm ポリプロピレン製で、耐熱温度は-20~120℃。つまり冷凍から解凍まで対応します。容量は200gご飯茶碗1杯分入ります。底部に突起加工してあります。2個セットで百均でも売られています。(400g用も有)

一人暮らしでのおススメの使い方

自炊しようと思っても毎日ご飯を炊くのはなかなか大変なものですね。また1人分を炊飯するのは面倒で美味しくありません。そこで、時間のある時に2,3合ご飯を炊き、炊きあがったらこの容器に分けて入れます。粗熱が取れれば冷凍保存し、必要な時に解凍加熱します。朝のお弁当作りにも助かります。

便利な点

  • 茶碗1杯分きっちり入るので、食事やお弁当などに使いやすい。
  • 冷凍保存してそのまま解凍できるので、食器やラップは不要。
  • 底の突起加工によって、茶碗や弁当箱に移しかえる時に米粒がくっつかない。
  • 薄い直方体なので、1人用の狭い冷凍庫でも嵩張らずに収納できる。
  • 使わない時は容器を複数重ねて置いておける。

おわりに

多めに炊飯して冷凍保存するほうが、炊きたてに近い状態で美味しく食べられます。安くて便利な冷凍ご飯容器は1人暮らしには大活躍です。おススメですよ。

(Photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121104125417 5095e6e9e2c5c
  • 20121104133503 5095f077dffda

本記事は、2012年11月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る