生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ちょっとした意識で女子力をぐっとあげる方法

ちょっとした意識で女子力をぐっとあげる方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

前回の顔編に引き続き、今回はモデル事務所にて教えて頂いた歩き方などをご紹介いたします。

歩き方

まず普段通り何も考えずに歩いてみて、次のポイントをチェックして下さい。

  • 背筋は丸まっていないか
  • 膝が曲がったまま歩いていないか
  • 足の間が開いていないか

これらに当てはまると、ぶさいくに見えてしまう歩き方になります。まず、背筋はすっと上から引っ張られているように伸ばしましょう。

この時、そり返ってはいけません。頭のてっぺんから1本の糸で引っ張られているイメージです。

そして、膝がずっと曲がったまま歩いているのもいけません。足を前に出し、体重を乗せる時には伸びている状態です。この時、膝と膝をすり合わせて、足の隙間を隠すように前に出しましょう。

座り方

歩き方と同様に、以下のポイントをチェックしてみて下さい。

  • 背筋は丸まっていないか
  • 足は開いていないか
  • 足を組むのが癖になっていないか

これらも、当てはまってしまう人は注意して下さい。背筋は歩き方と同様です。足も気を抜けば、骨盤の幅に開いてしまいます。膝と膝をきちんとくっつけておきましょう。

そして、足を組む癖も良くありません。骨盤が歪み、身体のバランスが崩れてしまいます。その結果、背骨が曲がったり、血行が悪くなったり、太りやすくなったりと、良いことは1つもありません。

ポイント

最初から1日中ずっと続けるのは難しいと思います。無理やりしても、嫌になって続きません。最初はふと気付いた時に、意識して直してみて下さい。

キープするのはなかなか大変ですが、その分筋力も使い鍛えられていきます。必要な筋肉がつき、だんだんと自然にできるようになります。その頃には、身体の形も変わってきているはずです。

おわりに

いかがでしょうか?少し触れましたが、これらはダイエット効果も期待できます。町を歩くときに、人の歩き方や座り方を観察してみて下さい。意識している人と、そうでない人の違いがはっきりとわかるはずです。

座り方、歩き方が違うだけで、見え方もぐっと変わってきますよ。少しの意識で、周りと1歩差をつけませんか?

(Photo by http://www.flickr.com/photos/mujitra/2577545028/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100922193511

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る