生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 朝寝坊しない3つのポイント

朝寝坊しない3つのポイント

2013年07月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

朝、なかなか起きることが出来なくて、悩んでいる人って結構多いと思います。起きようとは思っているのに、どうしても眠気に負けてしまう。そんな経験、誰でも1度や2度はありますよね。

そんな方々のために、今回は朝寝坊したいための3つのポイントとご紹介します。どれも簡単に出来るものばかりですから、ぜひ実践してみて下さい。

ポイントその1:時計の数

朝、起きる時に目覚ましい時計に頼るっていう人は多いと思います。でも、なかなか起きれないんだよね・・・っていう人も少なくないと思います。

そこで、1つ目のポイントとしては単純に数を増やしてしまうのです。1つじゃダメなら2つ。2つじゃダメなら3つというように。後は数と自分の眠気との戦いです。

ポイントその2:時計の場所

目覚まし時計は枕のそばに置いているっていう方、多いんじゃないでしょうか。確かに枕のそばにおいておけば、鳴った時止めるのに便利です。でも、それだとどうしてもすぐに寝ちゃいますよね。

そこで、敢えてちょっと離れた場所に置きます。止めるのに布団から出て、歩かなければいけないところへ。そうすれば、身体が動くので起きられる可能性も高くなるのではないでしょうか。

ポイントその3:カーテン

カーテンをどうするかというと、寝る時に敢えてカーテンを開けたまま寝ます。そうすると、朝、窓からは自然と日光が入ってきますよね。日光には人間を覚醒させる力があるので、慣れればすんなり起きることが出来ます。

ただ、あくまで起きようとすること。

日光で温かくなって、また眠く・・・では意味がないですからね。寝てているところに日光が入るのであれば、目覚ましなしでもスッキリ起きることも出来るようになると思います。

カーテンを開けたままは恥ずかしいというのであれば、起きたらすぐに日光を浴びることを心がけてみて下さい。

おわりに

今回紹介した3つのポイントで、ぜひ朝寝坊を克服してみて下さい。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100923202631

本記事は、2013年07月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る