生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3. 電車・地下鉄・バスを乗りまくる最強テクニック

電車・地下鉄・バスを乗りまくる最強テクニック

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

普段、車でばかり移動して、電車や地下鉄、バスに全く乗らない人は、

たとえば、定期券の値段が一日一往復分以下の金額で、それで(休日も含めて)指定区間内なら一日中使い放題だと言う事すら知らないかもしれません。

定期とともに、近年、非常に使い勝手の良い電車、地下鉄、バスのサービスが一日乗車券なのであります。

一日乗車券

一日乗車券とは、その名の通り、それを使えば、特定の電車やバスなどが一日乗り放題になる乗車券の事です。

たいがいは、千円以下のリーズナブルな値段に設定されています。

買った当日しか使用できないタイプの一日乗車券もありますので、購入に当たっては十分な注意が必要です。

一日乗車券 札幌地下鉄編

ここは、私が住んでいる札幌の地下鉄を例にして、説明しましょう。

札幌の地下鉄が発行している一日乗車券は1DAYカードという名前で、地下鉄のみ(800円)と地下鉄・バス共用(1000円)の2タイプがあります。

わざわざ、駅窓口まで行かなくても、普通に切符自販機でも購入できますので、非常に手軽です。

札幌地下鉄の最低乗車料金は200円なので、普通に一往復するだけでしたら、一日乗車券の方が割高になってしまいますが、バスに乗り継いだり、地下鉄を数回以上乗り降りするようであれば、かるく一日乗車券の方がお得料金と化します。

札幌地下鉄の一日乗車券で、もっと安いのがドニチカキップと呼ばれるものです。

こちらは、その名の通り、土日専門の地下鉄のみの一日乗車券なのですが、なんと500円です。

土日に地下鉄で出歩くのでしたら、ドニチカキップを買って、JR札幌駅前やら大通りやらすすきのやらで降りまくって、もうガンガン遊びまくるしかないでしょう!

ドニチカキップは、切符自販機では売っていませんので、当日、駅窓口で購入しなくてはいけません。

おわりに

これは筆者の実話ですが、かつて、地下鉄に乗って帰宅途中、急に激しい腹痛に襲われた事がありました。

地下鉄車内にはトイレがついていません。

あと一歩で我が家だと言うのに、我慢できなくなった私は途中下車をして、駅のトイレのお世話になり、そのあと、もう一度、乗車券を買い直して地下鉄に乗ると言う、やや悔しい思いをしました。

こんな緊急時の対策としても、一日乗車券は有効なのであります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100925080005

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る