生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. いつまでも美しく!新生活での整理整頓を持続させるコツ

いつまでも美しく!新生活での整理整頓を持続させるコツ

2012年11月05日作成

 views

親元を離れ一人暮らしをしたり、結婚して旦那さんと一緒に住んだり。新生活はワクワクしますね。

しかし、新生活を始めるとやはり住む場所のメンテナンス、すなわち身の回りの整理整頓が大変重要になってきます。

著者は一人暮らしが長く、今は結婚をして主人と暮らしていますが、一人暮らしの時の整理整頓方法と誰かと部屋をシェアして生活しているときの整理整頓方法は違います。

今回は、新生活で頭に入れておきたい、一人暮らしのときと、誰かと部屋をシェアしているときの整理整頓方法をそれぞれ紹介いたします。

一人暮らしの整理整頓方法

親元を離れ一人暮らしを始めた方、ルームシェアを解散して一人暮らしを始めた方、様々な理由で一人暮らしをしている方がいると思います。

一人暮らしは誰かの制約がない分とても快適ですが、その分良くも悪くも自分次第ですので気を抜くとすぐに部屋が散らかります(特に部屋が狭いとなおさらです)。

では、どのような点に気を付ければいいのか、下記にまとめてみました。

自分が良いと思うものしか置かない

昨今話題になっている本で、「人生がときめく 片づけの魔法」がありますが、そちらの本で推奨されているように「自分が好きだと思うもの」、「自分がときめくもの」以外は捨てたり、売ったりなどして処分しましょう。

例えば、「この商品は高かったから」、「好きだった人にもらったけど趣味が合わない」、「もらったラブレターだけど、その人とは別れてしまった」など、自分でワクワクしないものはどんどん処理します。

そうすることで、【自分】対【もの】を見つめなおすことができ、部屋が自分の居心地のいいものになっていきます。

ものの定位置を決める

一人暮らしは誰も見ている人がいない、注意する人がいないので、その辺に物を置きっぱなしにしたりしていませんでしょうか。

そのうちに部屋はだんだん散らかってきます。

ですので、例えばチャンネルはテーブルの上のかご、ペンは机の引き出しの中等ときちんと物の定位置を決めましょう。

取り出しやすい場所にしまっておくというのがコツです。

なるべく買わない

自分で「これが本当に必要と思ったもの」以外は買わないようにするのもポイントです。欲しいなと思ったものがあったら、とりあえず一週間考えて、どうしても必要と思ったら買いましょう。

そうすることで部屋も整頓された状態で、物も大事に扱うようになります。

誰かと共同生活をする上での整理整頓方法

基本的には一人暮らしの整理整頓方法と同じですが、誰かと暮らすとなると以下のポイントを心がけましょう。

ルールを決める

例えば脱いだ靴下は洗濯籠に入れる、使用済みのティッシュはゴミ箱に入れるなど、小さなことでも良いのでルールを決めましょう。

それぞれのスペースを持つ

親しき仲にも礼儀あり、ですが自分も住んでいる場所を汚されたり、逆に勝手に捨てられたりすると不仲の元になってしまいます。

そこで、それぞれ「ここは自分のゾーン」と決めてそこにおける範囲で自分の持ち物を置くというのも良いでしょう。

自分から片づける

なかなか片づけをしない同居人にはいくら言っても聞かない場合があります。そこは無言で自分から片づけましょう。

はじめのうちは「あ、やってくれてる」と思いますが、そのうち自分からやる場合もあります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ぜひ綺麗な部屋で新生活を楽しんでくださいね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/10/13-371823.php

(イラストby 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121101222217 509277890e531
  • 20121102001931 5092930324367
  • 20121102002132 5092937cb5d6f
  • 20121102002318 509293e688e45
  • 20121102002618 5092949aa37f3
  • 20121102002836 50929524c6ad1
  • 20121102003002 5092957ad5ad9

本記事は、2012年11月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る