\ フォローしてね /

余った卵白利用レシピ!ラングドシャの作り方

プリンを作って余った卵白を利用し、ラングドシャを作りました。手軽に作れるので余った卵白があるときに試してみてください。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapi
  • こんなときに!

    卵黄だけ使うレシピで「卵白が余っちゃった!」それ、家にある材料とシンプルな手順でお菓子にできます。

  • 覚えやすい分量

    卵白・砂糖・薄力粉・バターの分量gは1:1:1:1です。

  • ちょっと上質感

    デパ地下洋菓子としてもお馴染みのラングドシャが、初心者でも自分で作れちゃう!

このライフレシピのもくじたたむ

材料(約10枚分)

  • 卵白:1個(約30g)
  • バター(常温):30g
  • 粉砂糖(なければグラニュー糖でもOK):30g
  • 薄力粉:30g
バター、砂糖、粉は、卵白と同量が目安です。心配な方は卵白を量ってから他の材料を揃えてください。今回、砂糖は溶けやすくて扱いやすいヨーグルトに付いてくる顆粒の砂糖を使用しています。

作り方

STEP1:バターと砂糖を柔らかく練る

常温に戻しておいたバターを柔らかくなるまでよく練ってから、砂糖を加えてフワッと白っぽくなるまですり混ぜます。

STEP2:卵白を加える

卵白を少しずつ3~4回に分けて加え、その都度しっかり混ぜ合わせます。写真のように分離してしまっても、諦めずに少し温めながら混ぜ続けると生地がつながります。

手動でも電動ミキサーを使っている場合も同じです。スピードは関係ないので、バターに卵白を馴染ませるように、確認しながら少しずつ丁寧に卵白を加えてください。そうすれば分離する心配はありません。また、あらかじめ卵白を常温にしておくと分離しにくくなります。

STEP3:粉を加える

粉をふるいながら加え、ゴムベラで切り混ぜます。粉っぽさが消えればOK。

STEP4:生地を寝かせる

冷蔵庫で30分ほど生地を休ませます。

絞り出す場合は、この時点でビニール袋か絞り袋に入れておくと便利。

STEP5:焼く

溶けて広がるので間隔を広めにあけ、スプーンで生地を落とすか、搾り出していきます。160度に予熱したオーブンで12〜15分焼きます。

平らに薄くに伸ばすとサクッと焼けます

完成

さくっと軽く、バターの香りが美味しいラングドシャ。余った卵白で、ちょこっと自分だけのおやつを作ってみてはいかがでしょう。もちろん贈り物にも喜ばれますよ。

Twitterで紹介!

Twiterモーメントで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。