生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ペットボトルで観葉植物の鉢を作る方法

ペットボトルで観葉植物の鉢を作る方法

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

ペットボトルを利用して簡単に鉢を作れます。

用意するもの

  • 空のペットボトル
  • カッター
  • 鹿沼土
  • (小石やビー玉)

やり方

ペットボトルを二つに切るだけです。二つに切ったら、ペットボトルを組み合わせるだけです。テープなど接着剤は不要です。

STEP1

空のペットボトルを半分にカッターで切ります。「差込側」と「受け側」の二つに分かれます。差込側が、飲み口側で、「鉢」になります。受け側が、ペットボトル底部分側で、「受皿」になります。

差込側の飲み口が受け側の底に当たった時に、ぐらぐらしないように、受け側の深さをとりましょう。

カッターの先端をペットボトル側面に刺す様に当てると、すんなりカッターが入ります。カッターの刃が濡れたらティッシュペーパーなどで拭いておきましょう。キャップには尖ったドライバーなどで穴をあけておきます。 

STEP2

ペットボトルの飲み口がわを下にして、受け側に差し込みます。ちょっと固く感じますが、ペットボトルは丈夫に出来ているので安全です。

受け側には小石やビー玉などを入れると、重量のバランスが取り易くなります。

組み立ててから土を入れます。最初に鹿沼土などの中粒~大粒の土を入れます。そのあと、腐葉土や観葉植物用の土など、一般の鉢と同じ要領で土を入れます。

植物を植える要領は、ほかの鉢と同様で大丈夫です。水が「受け皿」側にたまったら、ペットボトルを離して水を捨てられます。

STEP3

ペットボトルを包装紙でくるめば、土もペットボトルも見えなくなり、ちょっとしたインテリア鉢のように飾れます。

透明なので土の状態を観察できます。根の張り具合も観察できるので、根がびっしりになったら植え替えるタイミングも一目瞭然です。

おわりに

2リットルサイズが作りやすいですが、500ミリリットルサイズでも作れます。育てている観葉植物からの挿し木や挿し芽で増やす時など、小さくてスペースもとりませんので重宝します。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100924181819

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る