生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 手帳にポストイットで柔軟な対応力を高める方法

手帳にポストイットで柔軟な対応力を高める方法

2012年08月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

手帳を使うときに、ポストイットを併用すると、柔軟な対応力を高められます。柔軟な対応力を高めると、判断力と決断力も鍛えることができます。

ポストイットの魅力は、貼りやすくて剥がしやすくて、また貼れることです。

スケジュール管理は、臨機応変にこなしたいものです。守らなければならない時間も、時には繰り上げや、延期になることがあります。その都度「約束が違う」と怒っても始まりません。

手帳は、手で持てることが最大の魅力です。その一冊に、すべてが詰め込まれていますし、いつでも、どこからでも、自由自在に開けられます。

用意するもの

  • 細いタイプのポストイット

何色か揃えておきましょう。目的別に色を分けて使うと効果的です。手帳を開いた時に、何色が多いかで自分の今の状況を掴みやすくなります。

仕事の用事。友だちとの約束。家族との時間。自分の趣味。おおざっぱで構いません。
 
 

ポイントその1 手帳にポストイットを貼っておく

一週間単位で、各日付ごとにポストイットを貼っておきます。手帳に書き込むとき、自然とポストイットに書き込むことができます。

ポイントその2 ポストイットを貼りなおす

予定が終わったらポストイットをはがして、手帳の後ろのメモ欄などに移し変えます。予定が延期したものは、延期した先の日付にポストイットを移して貼るだけ。

ポイントその3 夢や目標を書き込む

現実の仕事だけではなく、将来の夢や大きな目標も書き込みましょう。毎週、必ず見れるように貼っておくのもいいですし、後ろにまとめて並べて貼るのもいいです。

夢の実現は、その時その時で優先順位が変わることもあります。常に優先第1位の夢を、目につくところに貼っておくと効果的です。

おわりに

友だちとの約束が延期されても、ポストイットを移し変えて貼るだけ。感情にシコリが残りにくくなるので、気持ちも爽やかでいられます。

予定通り行かなくても、イライラしないほうが、長い目で見ると「近道」の場合があります。現実を受け入れつつ、夢を見失わないことが大切です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100924173439

本記事は、2012年08月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る