生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 自分にあったランニングシューズを選ぶコツ

自分にあったランニングシューズを選ぶコツ

2012年09月10日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近はジョガーと呼ばれる、ジョギングをする人が増えてきています。おしゃれなウェアやシューズも売られています。ウェアは自分の趣味で選べますが、シューズはなかなか選ぶのが難しいものです。

今日は、自分にあったランニングシューズを選ぶコツを紹介します。

お店で店員さんに聞きましょう

まずは目的・目標をしっかり決めましょう

買う前に、きちんと目的・目標を決めましょう。

  • 毎日走るのか、たまに走るのか
  • 1回にどのぐらい(何時間、何キロ)走るのか
  • どこを走るか(道路、河川敷、陸上競技場など)
  • ○キロ走れるようになりたい、ハーフマラソンを走りたい
  • 今まで、どのぐらい運動をしていたか

などを、お店で説明したほうがいいので、頭の中で、簡単にまとめておきましょう。

いざ店に行きましょう

必ずランニングシューズの専門店に行きましょう。スポーツショップなどで買う場合は、ランニング経験のある店員さんを呼んでもらいます。体調は万全で行くこと。足が故障しているときは体のバランスが悪くなっています。

行くときは、ランニングのときに履く予定の靴下を持って行き、それを履いて、シューズを履いてみましょう。足が一番むくんでいる夕方に行くのがベストです。できたら、ちょっと歩いてから、店に行きましょう。

店員さんに相談

上でまとめた目的・目標を店員さんに話し、足のサイズに合わせて、靴を探してもらいましょう。

サイズとしては、普段自分が履いているものより、1サイズぐらい大きいものがちょうどいいです。長い時間走るので、少し余裕があったほうがいいです。ちょうどよくても、4~5足履いて、感じをつかみましょう。

走るときの靴下を履いて、シューズを履きます。かかとを会わせて、靴紐を結んで、店内でちょっと走ってみましょう。つま先に5mmぐらいの余裕があるものがいいです。また、足裏全体で力を受けられるか確認します。

外反母趾の女性も多いと思うので、靴の幅は特に念入りに確認しましょう。

靴にもいろいろなモデルがあります

靴には、土踏まずがへこんでいるものとへこんでいないものがあります。初心者の場合は、へこんでいないフラットタイプと呼ばれるものを選びましょう。

経験を積んだら、中距離タイプと長距離タイプの2足を持つと足への負担が減ります。

おわりに

皆さんが足にぴったりと合うシューズと出会って、ジョギングを楽しめることを願っています。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/02/02-356580.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120221161824 4f434540759d2

本記事は、2012年09月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る