生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新鮮で美味しいイチゴを見分ける方法

新鮮で美味しいイチゴを見分ける方法

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

甘くて美味しい果物、いちご。ケーキの飾りにも見た目も可愛らしくて大活躍ですよね。

そのままの味を楽しむからこそ、できれば新鮮で美味しい物を選びたいもの。そこで今回は新鮮で美味しいイチゴを見分ける方法をお届けします。

新鮮で美味しいいちごを見分ける方法

ヘタまで真っ赤

ヘタの部分はまだ熟してないものも多く見かけますが、ヘタまで真っ赤に熟しているものを選びましょう。

鮮やかな赤色

いちごは古くなってくると黒ずんできます。赤色が鮮やかなものを選ぶようにしましょう。

葉が茎につきそうなほど反り返っている

熟したものほど葉が茎につきそうなほど反り返っています。ぺったりと実にくっついたものよりも反り返ったものを選ぶようにしましょう。

葉が緑色でしっかりしている。

収穫して時間が経つと葉がしなびてきます。実はいちごの新鮮さのいい目安になるのがこの葉の色です。

ヘタと比べて実が大きい

ヘタと比べて実が大きいものは実がぱんぱんに熟したときに収穫されたものと言えます。とくに種がうもれそうなほどパンパンになっているものはよく熟しています。

食べるときの一工夫

いちごは先端の方が甘いので、ヘタの方から食べたほうが美味しくいただけます。

また、少し糖度の低いものは潰して牛乳をかけて食べても美味しいです。

おわりに

いかがでしたか。

ぜひ参考にして新鮮で美味しいいちごを選んでくださいね。
(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121029232715 508e9243b9bc9

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る