生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「ナイス・バケーション!」にかかせない旅行バック

「ナイス・バケーション!」にかかせない旅行バック

2012年10月31日作成

 views

楽しみにしていた旅行。。それなのにバックがなーい!

なんてことはありませんか?旅行バッグは必需品ですが、最適なバックを見つけるのは、なかなか難しいですよね。

そこで、今日は著者が愛用している旅行に最適なバックをご紹介致します。

愛用しているカバン

私が愛用している一押しのバックはアメリカで人気急上昇中のJu Ju BeのBFF(ジュージュービーのベスト・フレンド)です。

著者はEbayでセカンド・ハンドのコーラル・キス柄を送料込みで$115で購入。通常価格は$165です。

国内では、こちらで購入できます。
Amazon.co.jp: JuJuBe ビ トゥイン ジュリアスリボン

目次

旅行のバックを選ぶときに大切なポイント

  • 多機能で使いやすい。
  • ポケットが多く、たくさん入る。
  • 汚れにくく、汚れても簡単に拭いたり、洗う事ができる。
  • 防水加工でもオシャレである。

この旅行バッグを選んだ理由

ポイント1:色々な種類のポケットがある!

ポケットの中の小さいポケットも合わせるとなんと17個もある優れもののJu Ju Be BFF!これらのポケットには3つの種類のポケットがあります。

1つ目は内側にあるポケット。細かいお菓子などのゴミを出せる小さな穴が下に付いています。

2つ目はサングラス、携帯、または小さいカメラが入れられるソフトポケットが2つ付いています。

3つ目は3−4時間温度を保てる特別なサイドポケットがあります。冷たい水や暖かい缶飲料はもちろん、赤ちゃんのミルクボトルやジュースボトルも入れる事ができます。

ポイント2:汚れが目立たず、汚れても洗濯機で洗える!

実際に軽くケチャップの汚れをウェットティッシュで拭いてみるときれいになりました。すすけた汚れは洗濯機で洗うとキレイになりました。

乾燥機には入れられないので家の中で吊るして干しました。

ポイント3:多機能で雨にも強いから、ママバックとしても毎日使える!

もともと Ju Ju Be バックママバックとして販売されて人気が出ました。オムツ交換用のクッションの入ったシートも付いて来ます(写真の左側)。

子供がいない人は外でちょっと腰掛けるときにお尻の下に敷く事もできるので便利です。

ベルトは全部取り外し可能Ju Ju Be Be Connected ベルトをベビーカーにつければ BFF をベビーバックとしてベビーカーにも取り付けられます

ポイント4:持ち方自由自在!

ブリーフケースみたいにもったり、紐を長くしてメッセンジャーバックとしても使えるし、付属のベルトを使えばリュックに早変わり!

クッションがしっかりしてしているので肩は痛くなりにくいし、背負いやすいです。両手が使えるのでチョコチョコ走り回る幼児と一緒のときも楽チン。

ポイント5:色とデザインが豊富でオシャレ!

デザインが豊富でアマゾンのお店で売っているだけでも21種類。シックな無地からカラフルなデザインまであなたのお好みのバックが見つかるはず!

実際に使ってみた感想

ポケットが多いので小物がきれいに入り、汚れにくいので旅行のバックとしてはとても使いやすいです。

多機能たくさん入るので、小さい子供と一緒のときはリュックにしたり、メッセンジャーバックにして普段はママバックとして使っています。

おわりに

旅行のバックは大きすぎると邪魔になるし、小さすぎると役に立ちません。オシャレは大事だけどオシャレなだけで使い辛ければ意味がありません。

バックを選ぶ時のコツは自分にとって何が大事かということ。旅行のときに必要な物、便利な物がきちんと入り、整理が簡単なバックが理想的です。何がどこにあるのか分かりやすくオシャレにアレンジしてくれる Ju Ju Be バックは私の大事なトラベル・パートナーです。

今回ご紹介したポイントを考えてマイ・バックを選んでみてはいかかでしょうか?あなたにぴったりなバックを見つけて、Have a nice flight!

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121027102505 508b37f15fe04
  • 20121027110618 508b419ab1016
  • 20121027110500 508b414cbd701

本記事は、2012年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る