\ フォローしてね /

意外と知らないお箸のマナー(上げ下ろし編)

はじめに

テーブルマナーと聞くと、洋食を思い出す方も多いのではないでしょうか。
日本人である私たちにお箸の作法は外せないもの。

今回は基本的であるけれど、意外と知らない、お箸の上げ下ろしについて書きたいと思います。

お箸の上げ下ろしは、必ず両手で

箸の上げ下ろしは、必ず両手で行うことがポイント。
その手順を確認してみましょう。

1、右手で橋の中央を持ちあげます。

2、 左手で箸の下から添えて持ち、

3、右手を横に滑らせ

4、右手を箸の下にまわして持ちかえます。

5、2本の箸のうち、上になっている1本を中指と人差し指で挟むようにして持ち、親指を軽くあてます。

  • 箸を使うときは挟んだ箸(上の箸)だけを動かします。

6、箸を休めるときは持つときと逆の動作で箸を揃え、箸置きの上に置きます。

おわりに

お箸の上げ下げ、持ち方をちょっと知っているだけで、美しく食べているように見えるものです。
ぜひ試してみてください。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。