生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 二次会の服装選びで気をつけるべき5つのポイント

二次会の服装選びで気をつけるべき5つのポイント

2012年10月26日作成

 views

お気に入り

はじめに

結婚式の二次会。式から参加する場合はそのままの服装でいいか!なんて思いますが、二次会から参加する場合は「二次会だけの服装はそんなにドレスアップして行かなくても良い気もするけど…普段着で行くのはちょっと…」と悩んでしまいますよね。

そんなお悩みを、筆者が「参加した側」「幹事側」「自分の結婚式の二次会」を経験した立場から解決します!

女性の結婚式二次会服装マナーがわからない方、ぜひご参考下さい。

気をつけるべき5つのポイント

1.【服の色】花嫁さんのドレスと同じ色は絶対NG

やっぱり二次会だけどはさけた方が無難です。主役は結婚する花嫁さんです。白は花嫁さんの色ですから二次会でもさけましょう。

そうは言っても友達の結婚式ですから華やかにしてあげたいですよね!薄い色ならピンクや黄緑、濃い色なら紺やワインレッド、紫などはいかがでしょう?あまり薄いベージュや黄色はさけた方がいいでしょう。光って白に見えてしまう場合もありますので。

冬なら濃い目、夏なら薄めの方が季節感が出ていいかもしれません。

また、できれば友達と何色を着るか相談した方が良いかもしれませんね。ある程度の年齢になると無難に黒や紺を選択することが増えてきて、せっかくの結婚式なのに友人席がみんな黒!なんてちょっと寂しいですからね。

2.【靴・小物】服装にあった靴や小物でおしゃれ度UP!

洋服に合わせて!というのが一番ですが、さけておきたい靴もあります。スニーカーはもちろんブーツも避けたいです。

ミュールやパンプスはバックに合わせた色がオススメです。なお、必ずストッキングは履きましょう。二次会ならおしゃれな柄ものでもOKではないでしょうか。

いつもとちょっと違うアクセサリーや髪型でおしゃれ度をUPさせてみるのもよいですね!

3.【テイスト】カジュアルすぎるのはNG!

二次会がどんなにカジュアルなパーティーでも、ジーンズやトレーナーはやめましょう。筆者は自分の結婚式で受付を頼んだ方がジーンズにトレーナーで来ていてびっくりした上に不快な思いをしました。幹事をやったパーティーでは出席者がジーンズにTシャツ・・・。他の参加者から「あれはないよね~」と言われていました。

また、会社に行くようなスーツもやめましょう。せっかくのお祝いですから、サテンや光沢のあるような生地のお洋服で二次会の場を華やかに彩りましょう!

4.【テイスト】とはいえ…華やかすぎるのもNG!

「誰の結婚式!?」と疑問に思ってしまうくらい華やかなドレスを着てくる方がたまにいらっしゃいます。花嫁も参加者もみんな目が点になってしまいます。
二次会ですから(華やか過ぎるものは式でもどうかとは思いますが)上品でシンプルなドレスやワンピースなどがいいですね。

5.【その他】肌を出しすぎるのはのはNG!

どんなに可愛い服装でも、ものすごく丈の短いスカートだったり胸元や背中が大きく開いていたりする服は、他の参加者や主役の花嫁が不快に思うことがありますので注意しましょう。

おわりに

結婚式の服装のマナーについてご紹介しました。

結婚式に呼ばれるのは嬉しいこと。マナーと常識を持って参加したいですね。
不安な場合は友達同士で合わせると心強いかもしれません。後はとびきりの笑顔で『おめでとう!』と祝福の気持ちを伝えてあげてくださいね。

素敵な場で幸せのおすそ分けをもらってきてください!

(photo by http://www.ashinari.com/2011/12/06-354455.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121026144119 508a227fce39c

本記事は、2012年10月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る