生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 知らないと損する、郵便・通信費のプチ節約術

知らないと損する、郵便・通信費のプチ節約術

2012年08月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

決して劇的な節約効果はないけれど、知らないと損する、郵便・通信費のプチ節約術についてご紹介します。

郵便編

書き損じハガキを交換してもらう

最近は、時候のあいさつにEメールを利用する方が多いですが、受取人がご年配の方や目上の方の場合、ハガキを利用する機会が多いでしょう。

暑中見舞いや年賀状などを大量に書くと、どうしても何枚かは書き損じが出てしまいます。

まさか、書き損じのハガキを破棄処分してませんよね?

書き損じのハガキは、1枚につき5円の手数料を払うだけで、新品に交換してもらえるんですよ。

また、「ハガキは時候のあいさつに使うだけで、普段はほとんど使わないなぁ」というのであれば、切手に交換してもらうことも可能です。

こちらに「交換できるもの・できないもの」の一覧表がありますので、ぜひご覧ください。

また、交換手数料についてはこちらをご参照ください。

電話編

未使用テレカで通話料の支払いをする

かつては、外出時に必須の通信ツールであったテレホンカード。

今や携帯電話の普及で、テレカのお世話になる機会もめっきり減りました。

もしかして、あなたのタンスの奥に、未使用のテレホンカードが眠っていませんか?

未使用のテレホンカードは、NTT固定電話の通話料金の支払いに利用できるのですよ。

もし、未使用のテレカをお持ちなら、お近くのNTT窓口に持参するか、116に電話して、「未使用テレホンカードによる通話料割引」の手続をしましょう。

テレカ1枚あたり50円ほど手数料がかかります。また、1度でも使っていると、「未使用」に当たらないので注意しましょう。

インターネット編

「価格.com」のキャンペーンを利用する

今や現代人にとってなくてはならない存在のインターネット。

でも、月々の接続料金がちょっと高いなぁと感じたことはありませんか?

そんな人は、今すぐプロバイダを乗り換えましょう。

でも、「ただ何となく」乗り換えるのではダメです。

価格.com のプロバイダ比較を是非利用しましょう。

価格.com経由で申し込んだ場合、各種キャンペーンの適用があり、インターネット接続にかかる月々の実質料金が、光で1000円以内・ADSLで100円以内に抑えることも可能なんです。

なぜ、こんなに安いのかというと、プロバイダから価格.comに広告費や販売支援金が支払われているため、価格.comがお客様にキャッシュバックできる仕組みが出来ているのです。

もちろん、キャンペーンの適用を受けるためには、一定期間(1~2年)プロバイダとの契約継続が義務付けられますが、月々の支払いが1000円以内に収まるというのは、かなりオイシイ話です。

おわりに

いかがでしょうか。郵便・通信費のプチ節約術について、ご理解いただけたでしょうか。

「プチ」といえでも、塵と積もれば山となる。決して侮ることは出来ません。

当記事の内容が、あなたの節約ライフのお役に立てれば、幸いです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100920131034
  • 20100920132142
  • 20100920133740

本記事は、2012年08月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る