生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 寝る前にすると、ぐっすり寝られる方法

寝る前にすると、ぐっすり寝られる方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

毎日の貴重な睡眠時間。寝ることが趣味、なんていう人も多いのではないでしょうか。仕事が忙しい人なら特に、ぐっすり寝て、疲れをとりたいものですよね。

寝る前にすると、ぐっすり寝ることができる行動を紹介します。睡眠をきちんととることができると、次の日の仕事へのモチベーションも変わってきます。

ぐっすり寝られるコツ

お風呂に入る

快眠にする方法として1番よいのが、寝る前にお風呂に入ることです。忙しくて湯船に入らずに、シャワーだけという人も多いかもしれませんが、湯船に入ることでぐっすり寝ることができます。

時間は5分以上は入浴するようにしましょう。肩までじっくり入ることで肩こりやむくみにも効果があります。

また、入浴剤を入れて、好きなにおいに囲まれてゆっくり入浴することで、リラックス効果もあります。

お酒を飲む

寝る前に1杯お酒を飲むことも、ぐっすり寝られる方法です。お酒は飲みすぎはよくないですが、少し寝酒をすることでリラックスして寝ることが出来る人も多くいます。

自分の好きなお酒、ビールでもウイスキーでもよいので、お酒が好きな人は寝酒をすることで気持ちよく寝ることが出来ます。

テレビを見ない

毎日パソコンを使う仕事をする人は、目が思った以上に疲れているものです。家に帰ってから寝る前まで、あまり目を使わないことをおすすめします。目の疲れを取るためにも睡眠はとても重要になります。

しかし、睡眠時間があまり取れない人は、家に帰ってから目の疲れる行動はしないようにしましょう。

コンタクトを普段使用している人は、家に帰ったらコンタクトをすぐ取り、メガネになりましょう。目を休めることをして、睡眠をとるとよりぐっすり寝れて、次の日目も体もすっきりすることができます。

おわりに

忙しくなればなるほど削られてしまう睡眠時間ですが、少しの工夫をすればより快適な睡眠をとることができます。

忙しい日々の生活の疲れを、睡眠で取り、次の日にすっきりした気持ちで仕事に取り組めるようにしましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100922131859

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る