生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 気になる異性からのデートのお誘いの上手な断り方

気になる異性からのデートのお誘いの上手な断り方

2012年10月25日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

まだデートもしたことがないけど、気になるあの人。告白もなく、付き合ってもいないけど、何となく気になる。これって恋の予感…!?そんな相手からの、デートのお誘いがあったら、絶対に行きたい!でも、今回は断らないといけない状況…。そんな時に角が立たず、チャンスの目をつぶさずに上手く断る方法をご紹介致します。

ポイント1:日程を指定する

その日は予定があって難しいので、やむなく断らないといけないという場合は、こちらから別の日程を指定しましょう。

  • 相手「6日にご飯いこうよ。」
  • あなた「すっごく行きたいけど、6日は友達の結婚式があるから、8日か10日はどう?

断っても、具体的に別日程を聞いてくるということは、嫌がって断る訳ではないのだと相手に伝えることができます。無事に別の日にデートできることでしょう。また、恋愛アドバイスとしては、できるだけ早い日程にすることをオススメします。「鉄は熱いうちに打て!」だからです。

また別日程は複数伝えると、予定が合いやすいでしょう。

ポイント2:誘いに喜び、断るのが残念そうな様子を見せる

体調が悪い、今の時期は忙しいなどで断らないといけない場合は、誘いがとても嬉しいこと、断るのがとても残念そうな様子をみせましょう。

また、「ポイント1」のように、別日程が近いうちに設定できそうに無い場合でも、どれくらいの時期なら大丈夫か・どんな状況になったら大丈夫かなど、アバウトでも構いませんので、伝えると良いでしょう。

  • 相手「6日にご飯いこうよ。」
  • パターン1「わあ!是非行きたいな。でも、実は今風邪をこじらせちゃてて、行けそうにないかも。万全の状態で会いたいから、また治ったら、こっちから誘ってもいいかな?」
  • パターン2「ほんと!?すごく嬉しい。でも実は今、繁忙期で仕事がかなり忙しいんだ。来月くらいには落ち着きそうだから、また落ち着いたら会いたいな。」

但し、これは恋愛の面から言うとあまり好ましくありません。できれば短時間でも良いので、近いうちに一度会っておくのが良いでしょう。恋はタイミングが重要なので、自分が時間ができた時に、相手のタイミングと合うかどうかはわからないからです。

その頃には、時すでに遅し…。相手に恋人ができてしまっていたり、他に好きな人ができたり、相手が忙しくて時間が取れなかったりということが少なくありません。

ポイント3:誘ってくれたことに感謝する

相手は、多少なりとも勇気を出して、あなたを誘ってくれたはずです。その気持ちをくみとり、感謝してから断りましょう。

  • 相手「6日にご飯いこうよ。」
  • あなた「お誘いどうもありがとう。○○君からお誘いされるなんて、とーっても嬉しいです。でも~」

ポイント4:具体的な理由を話す

断るときには、相手が、「それはやむを得ないな。」と理解してくれるような具体的な理由を話すようにしましょう。

あいまいな理由だと、相手は、「嫌がられているのかな?行きたくないのかな?」と思ってしまいます。

よくない例

  • 「ちょっと予定があって~。」
  • 「忙しくて~。」

よい例

  • 「めったに会えない久しぶりの友達が帰ってくるから~」
  • 「今、会計検定の勉強をしていて、もうすぐ試験が近いから~」

ポイント5:こちらから誘う

誘いを断ったのであれば、こちらからまた別にお誘いをしてみるのも良いでしょう。優しい人ほど、「何度も誘うのは迷惑かもしれない」などと考えて誘うのをやめてしまう方もいるからです。

誘われたということは、相手はあなたと出かけたいのですから、こちらが誘えば喜んでくれることでしょう。

ポイント6:申し訳なさそうに断る

相手を尊重し、申し訳なさそうに断りましょう。特に、異性から、誘いを断られると自信を喪失してしまうことも多いようです。軽い感じではなく、悲しそうに、本当に申し訳ないと伝えましょう。

よくない例

  • 「ごめんねー。」

よい例

  • 「せっかく誘ってもらえたのに、本当にごめんなさいです。残念過ぎます。」

ポイント7:早めに断る

断りの返事というのは、なかなかしづらいので、返事を伸ばし伸ばしにしてしまいがちです。断らないといけないと分かっているのであれば、なるべく早く返事をしましょう。そうすれば、代わりの日程を調整することもできるかもしれません。

また、あなたが返事をしないうちは、相手は予定を空けておかないといけないため、迷惑をかけてしまいます。相手の立場に立って考えましょう。

おわりに

気になるあの人からのせっかくのお誘い。断り方を間違えると、せっかくのチャンスがなくなってしまうこともあるので、注意してくださいね。相手の立場に立って、相手を思いやった対応ができれば、自然と言葉は出てくることと思います。丁寧で誠実な対応が良いでしょう。

また、今回は「お誘いを断る方法」をご紹介しましたが、「できれば極力断らない」ようにするのが一番です。せっかくの恋の予感を無駄にせず、他の予定を調整したり、少し無理をしてでも会いにいくようにしましょう。それでも断らないといけない時に、今回の記事を参考にしてみてくださいね。あなたの恋を応援しています。

(Photo by 考える女性の無料人物写真素材・モデルピース)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121108133501 509b367549765

本記事は、2012年10月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る