生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. マッサージでスキンシップ!自分も癒される、夫の疲れの癒し方

マッサージでスキンシップ!自分も癒される、夫の疲れの癒し方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

毎日、朝早くから夜遅くまで、家族のために一生懸命働いてくれている夫。夫婦の会話の時間ももちろん取りたいところですが、無理やり話すのではなく、話したい雰囲気を作り、夫のほうから心を開いてくれるようなスキンシップをとってみてはどうでしょうか。

ここでは、その「疲れた夫を癒すだけでなく、自分自身も癒されるスキンシップの取り方」をご紹介していきます。

準備するもの

  • マッサージ用オイルもしくは、マッサージ用アロマオイル(ふき取り不要のもの)
  • 香りづけのためのアロマオイル(なくても大丈夫です)
ふき取り不要のオイルは、つけると徐々に肌に浸透していきます。衣服やシーツがオイルでベタベタになってしまうことはありませんが、気になるようであれば、大きめのバスタオルを敷いてマッサージするとよいでしょう。

マッサージの仕方

マッサージの方法を知らなくても全く構いません。ここで大事なのは、夫とどういうスキンシップを取っていくか、ということを主においてすすめていってください。

STEP1: 夫にうつ伏せになってもらい、足からスタート

手のひらに500円玉くらいの量のオイルをだし、両手をこすり合わせて、十分にオイルを手の温度で温めます。

足の裏から、ふくらはぎ、ふとももと、下から上へゆっくりと、指と手の腹の部分をつかってマッサージしていきます。ゆっくりと手を動かすことがポイントです。早く手を動かすと、リラックス効果が半減してしまいます。

  • 「気持ちいい?」
  • 「どのあたりが凝ってる?痛い?」

などと、声をかけながら進めていくといいでしょう。

STEP2: おしりから背中へ

下半身が終わったら、おしり、背中へとすすんでいきます。やはり、ここでもゆっくり手を滑らせていくことがポイントです。

オイルは足りなくなったら、適宜足すようにしてください。一度手のひらにとって温めてからでないと冷たいので、直接夫の肌へ垂らさないように気を付けてください。

STEP3: 肩、首へ

夫の頭の真上に移動して、首、肩をマッサージしていきます。

STEP4: 仰向けになってもらい、頭、デコルテをマッサージ

ここにくるまでには、夫もだいぶリラックスるしていると思います。体がリラックスすることによって、心にも余裕が出てきているはずです。

  • 今日の仕事はどうだったか。
  • 最近、仕事はうまくいっているのか。
  • 人間関係はどうか。
  • 困っていることや、悩んでいることはないのか。

まずは、夫の話をゆっくり聞いていきましょう。

マッサージオイルは頭皮にも浸透していき、害があるものではありませんが、気になるようであれば、頭・顔周りをタオルで覆ってからマッサージするようにしてください。

STEP5: ふともも、ふくらはぎへ

夫の話を聞いたあとは、自分のことを話す番です。足の方へ移動することによって、夫との距離ができるため、女性の方も話しやすくなります。女性は、自分の話を聞いてほしいもの。夫は十分にリラックスしている体勢なので、話もしっかりと聞いてくれ、夫に対する満足度が上がります。

また、アロマオイルの香りで、マッサージする側の女性も癒されます。

さいごに

寝不足だったり、疲れがたまっていると、マッサージの最中に寝てしまうかもしれません。しかし、それは夫が十分に満たされた証拠です。

また、スキンシップをはかることは、食事をしたり、買い物をしたりするよりも心の距離を縮めるのには一番の方法です。夫が何か悩んでいたり、困ったりしていることを察していても、男性はなかなか心を開こうとしてくれません。

まずは、体を癒して、それから心の距離を縮めていきましょう。スキンシップをはかることによって、不思議と、夫だけではなく、自分自身も満たされていることに気づきますよ。ぜひ、試してみてくださいね!

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/07/05-037365.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121024134739 508772eb78d56

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る