生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. コーヒー豆をミルで挽く方法

コーヒー豆をミルで挽く方法

2012年10月25日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

家でより美味しいコーヒーを飲むために是非とも揃えておきたいのがコーヒーミルです。コーヒーミルには、手動で挽くものと電動で挽くものがありますが、ここでは電動のコーヒーミルを使った豆の挽き方をご紹介します。

必要な道具

1:コーヒーミル(豆を挽く機械)

ミルは、値段が高いものであれば性能もよく、豆の挽き具合(粗挽き~細挽き)を調節できるものもありますが、筆者は豆を挽くだけの比較的安価なものを使っています。サイズもさほど大きくないので、コップ等の食器類と並べて食器棚で保管しています。

筆者が使用しているコーヒーミルは「メリダ セレクトグラインド」です。詳細はコチラ(Amazonサイト)

2:コーヒー豆

挽いていない状態の豆を購入してきます。今回はもらいもののコーヒー豆を使用しましたが、普段はスターバックスで好みのコーヒー豆を購入しています。

最低限必要なものは上記の2つですが、挽く前の豆や挽いた後の粉を保管するための密閉できる容器(瓶や缶など)もあるといいです。

電動コーヒーミルを使ったコーヒー豆の挽き方

STEP1:ミルのフタを取り、中に分量のコーヒー豆を入れます。

ミルに入れられる豆の最大容量はミルによって異なります。規定の容量をご確認ください。

STEP2:フタをしてスイッチを入れる

音をたてて中の豆が挽かれていきます。

筆者が使っているミルは、スイッチ部分を押し続けないと豆が挽かれないタイプのものですが、スイッチをオンのするだけで挽けるものもあります。

STEP3:フタを開けて豆の挽き具合を確認し、フィルターや容器に移します。

筆者が使用しているコーヒーミルは、挽き具合の段階設定はできませんが、挽く時間の長さで粉の粗さを調整できるようになっています。(ミルの種類によって調整できるものとできないものがあります。)

コーヒー豆を挽き終わった後は、ミル内やフタに付着したコーヒーの粉を付属のブラシで取り除き、きれいな状態にしておきます。

コーヒーミルは、お手入れが面倒だったり、保管場所がなかったりして買うことを躊躇する人もいるかもしれませんが、筆者が使っているものはコンパクトで収納にもそれほど場所をとらず、好きな時に好きな分量の豆を挽くことができ、香りも楽しめるのでオススメです。

おわりに

コーヒーをおいしく飲むためには、その時に飲む分量の豆を挽くことが大切です。ただ、コーヒーミルを使用するとどうしても周りに粉が飛んだり、ミル内やフタに粉がついてお手入れも必要になるため、毎回気軽に挽きたてコーヒーを飲むわけにはいかないのが現実です。

筆者も飲む度にミルで豆を挽くほどの余裕がないので、コーヒー通からすれば邪道ではありますが、数杯分の豆を挽いて密閉容器で保管し、なくなればまた挽くというようにしています。

毎日挽きたてのおいしいコーヒーを飲みたい方は、是非その都度豆を挽くようにして下さいね!いい豆であれば、挽いた時にとてもいい香りがしてコーヒーを一層おいしくいただけると思います。

(Photo by http://www.ashinari.com/2010/06/21-338075.php

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121023181742 508660b6be654
  • 20121023165736 50864df057d5f
  • 20121023172130 5086538aac14b
  • 20121023172529 50865479a9cce
  • 20121023172638 508654be5515d
  • 20121023172941 50865575a07bd

本記事は、2012年10月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る