生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新鮮で美味しいさつまいもの見分け方

新鮮で美味しいさつまいもの見分け方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

(photo by http://www.ashinari.com/2011/07/14-348449.php)

料理にお菓子に大活躍の野菜といえばさつまもですね。でも、甘くてほくほくしている時もあれば繊維質で何だか残念なときもある…。

そこで今回は新鮮で美味しいさつまいもの見分け方をご紹介いたします。

新鮮で美味しいさつまいもの見分け方

全体的にふっくらしてつやつやしている

さつまいもは細いよりもふっくらとしているもののほうが美味しい確率が高いです。つやつやしているものを選ぶと新しいことも多いです。

全体に傷がなく切り口が黒ずんでいない

切り口は時間が経つと黒ずんできます。また、なるべく傷がないものを選ぶようにしましょう。

全体的に綺麗な紫色

全体的に均一な感じで綺麗な紫色ものを選びましょう。色が黒くなっているところがあると、そこは苦味があるので避けるようにしましょう。

切り口から蜜が出ている

ただ単に切り口が黒ずんでいるのは古いのですが、全体的には切り口が白いのですが、ぽつぽつと蜜が出て変色している場合があります。蜜が出ているものは甘い確率が高いです。

ひげ根やぽこぽこした穴が少ない

ひげ根やその痕が多いものは繊維質でぽそぽそしている確率が高くなります。なるべく少ないものを選びましょう。

終わりに

いかがでしたか?

甘くて美味しいさつまいもはそのままふかしていただいても美味しいですね。ちょっと変わったところでは、じゃがいも代わりにクリームシチューやコーンクリームシチューに入れてもお子さんも喜ぶ味になります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20121024090950 508731ce24ec2

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る