生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 車での初めての遠出を快適に過ごす方法

車での初めての遠出を快適に過ごす方法

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

高速道路の値下げや、ガソリン価格の安定などで、自動車を使う機会が増えたのではないでしょうか?

ですが、都心や、駅周辺に住んでる方などは、自動車を所有していても、あまり乗る機会が無い。という方も多いと思います。

しかし、電車で遠くに旅行するのは、少し疲れるし、新幹線や飛行機は費用がかさむ・・キップやチケットの購入も難しそう。やはり気楽な自家用車での旅行が良いですよね

そこで、初めて自動車で遠出するときの注意をまとめました。自動車という限られた空間で、快適に長旅をするためのコツです。

トイレには注意

高速道路や山間の国道などは、停車する所が少ないですよね。特に連休やお盆の渋滞中に、トイレに行きたくなってしまったりすれば、もう絶望的ですね

そんな事態に備えて、ポケットトイレを購入しておきましょう。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 携帯用トイレスッキリさん M-9650
このポケットトイレは、尿を特殊な粉末で固め、消臭して保管するものです。安価で、便利なので、3袋ほど購入するのが良いでしょう。

大型の百円均一ショップなどでも販売しています。

乗り物酔いにも注意!

普段、自動車に乗らない人が注意したいのが、この乗り物酔いです。クラクラして、吐き気がする、とても苦しいものです。

特に山間部の曲がった道が連続する道路でなりやすくなります。

これの予防には、酔い止め薬が有効です。この薬は薬局などで必ず販売してますので、医師からの処方薬や、事前に異なる薬を飲んでいない方は、この薬を事前に服用しておきましょう。

上記したように、他の薬を飲んでいる方は、この薬を飲むことが難しくなります。薬が最も効果的なのですが、それ以外の酔い避けを紹介しておきましょう。

前を見る

人間が乗り物酔いをする原理は、乗り物の出す、脳の把握していない振動により、三半規管(平行を保つ器官)が混乱することによって発生します。

これの対処法として、常に前(フロントガラス)を向いておくことです。前の景色を常に見ておくことで、脳が次に起こる振動を把握し、酔いが起き難くなります。

窓を開ける

窓を開けて、外の景色を見ることで、酔いを軽減させる方法です。この方法には個人差がありますが、子どもなどは、気分的にもスッキリします。

水分を補給する

冷たい飲み物を飲むことで、酔いを軽減させます。酔いは、水分が不足することにより、発生しやすくなります。

以上の対処法には、すべて個人差があります。しかし、気分的に酔いを紛らわせることで、酔いを軽減させるのも手です。

ヒマを紛らわす

多くの場合、休日の道路は渋滞しています。首都高速道路や、名神高速道路の名古屋近郊、京都、大阪近郊の国道などは、ほぼ渋滞します。そこで重要になるのが、「ヒマつぶし」です。

これは結構な死活問題です。子どもが居る場合は、これが最も重要な課題になるのではないでしょうか

この対処法に、小型DVDプレーヤーを車内に持ち込むという方法があります。液晶画面付きのDVDプレーヤーがあります。安価で、上級なものには、ワンセグ放送を見ることもできる機種があります。
TMY 7型ワイド液晶ポータブルDVDプレーヤー Replus PDVD-802
多くが1万円前後です。もちろん、車内以外でも使用できますので、サブのプレーヤーとして使うのも良いでしょう。映画も、アニメ映画が良いでしょう。3D表現のある映画は避ける方が賢明です。

終わりに

これからの季節、北陸へ旅行する人が多いのではないでしょうか?以上の事に注意して、楽しい家族旅行を楽しんでください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100920000520

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る