生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夏バテ対策にコーヒーを利用する方法

夏バテ対策にコーヒーを利用する方法

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに 

コーヒー豆は熱帯地域の特産品です。熱い地域で栽培されています。コーヒー農園で働く人たちは、コーヒーを愛飲しているそうです。コーヒーには体温を適度に下げてくれる効果があるからです。

コーヒーを飲むことで、暑い日でも体を動かすことが苦にならない体温を維持できるのです。コーヒーが夏バテ対策に効果がある理由は、コーヒーの特性から明確です。

ポイントその1 利尿作用と発汗作用

体温を下げるには汗をかくことです。人間の体のメカニズムは、とても正確です。

ただし、利尿効果も高いので、がまんせずにトイレには行きましょう。トイレをがまんしてしとまうと、せっかくの利尿効果と発汗作用のバランスが崩れてしまいます。

ポイントその2 アイスでもホットでも効果は同じ

コーヒーの効果は温度で変わりません。

胃腸に優しくするには、夏でもホットコーヒーのほうがオススメです。特に冷房の効いた室内に長時間いる人は、無理して冷たいものを飲まないほうがいいでしょう。

ポイントその3 淹れたてはアルカリ性

時間の経過とともに酸化していきます。淹れたてのコーヒーを飲むことは、体にアルカリ性を注ぐことになります。

お米やパンが酸性食品なので、アルカリ性のコーヒーを飲むことで体調バランスを調整できます。

胸やけがする人は、牛乳をたしてカフェオレがオススメです。ミルク成分が優しく働き、胃の粘膜を保護してくれます。

アレルギーがなければ豆乳もオススメです。豆乳はドリンクですが、栄養価としては食事に匹敵します。

おわりに

暑い季節には、熱い地域の特産品が夏バテ対策に効果的です。コーヒーにあうフルーツにはバナナ、マンゴーもあげられます。

寒い冬でも、ちょっと風邪気味のときなど微熱でフラフラしたら、コーヒーがオススメです。体温を下げてくれるので、一時的な発汗をおさえられます。

外出時の突然の体調悪化には、喫茶店に入って淹れたてのコーヒーを飲むと、体を落ち着かせる効果があります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100921160153
  • 20100921160319

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る