生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 仲間たちとのキャンプで失敗しない方法

仲間たちとのキャンプで失敗しない方法

2012年11月19日更新

 views

お気に入り

はじめに

キャンプは誰と行くかで様子が変わります。ひとりのキャンプ、家族とのキャンプ、仲間でキャンプ。今回は「仲間たちとのキャンプ」で失敗しない方法です。

気心の知れた仲間だからこそ、安心して楽しい時間が過ごせます。その一方で、仲間だからこそ言いたいことを我慢したり、妥協してしまったりすることもあります。

キャンプは自然の中での体験です。街での暮らしでは人間関係が重要ですが、キャンプ中は自然への畏怖や、ひとりよがりにならない謙虚さが重要です。

ポイントその1 駐車場とテント設営場所が隣

仲間たちとのキャンプで怖いのは「甘え」です。日頃は緊張感を保っていても、自然の中で開放感を満喫していると、ささいな「甘え」が『油断』になることもあります。

特に「思わぬ頭痛や発熱」を出すメンバーがいるとき、車のエアコンが助かります。足の怪我の場合、歩く距離が短いほうが安心です。

とにかく、相手の不注意を責める前に、声をかけあい労わりあい、休憩しやすい環境を整えることが大切です。

車は避難所にもなり、防犯シェルターの役割も果たします。

ポイントその2 バンガローのあるキャンプ場

バンガローのあるキャンプ場は、必ず管理人がいます。たとえテントを設営していても、管理人が駐在しているバンガロー付きのキャンプ場は安全性が高いです。

緊急用の医療品も揃えられているので、万が一、所持していなくても借りることができます(有料)。

バンガローは滞在期間長めの人も多く、料理ができる環境なので、キャンプ場には食材販売店もあります。しかも、需要が多いので、値段も比較的良心的に設定されています。

キャンプ地についたら、遠くへの「買出し」は厳禁です。

入念に準備しつつも、忘れてしまうことはあるものです。もしものときにはキャンプ場のなかで必要品を調達できる環境がオススメです。

ポイントその3 役割分担を決めてしまう

役割分担は目安で充分なので、こだわりすぎなくても大丈夫。
しかし、トラブルの時には「意見のまとめ役」「最終判断を言葉でくだせる性格」は重要です。

キャンプ場は、自然災害の危険もあり、隣人(別のテント)とのトラブルも考えられます。

危険な時に「ストップ」と言えることが命を守ります。

河川の増水は事故につながる危険性があります。安易なレジャー意識で計画を守るのではなく、天候の変化を察知したら即座に中止する勇気を持ちましょう。 

ケンカの時に「冷静に両者の話を聞ける」ことが、火消しの役になります。

正論は大切ですが、正論にこだわりすぎて口論が白熱すこともあります。今必要なのは何かを見極めることが大切です。

大人同士のケンカは、どちらが良いか悪いかではなく、いかにして安全に第三者の仲裁を得られるかがポイントです。キャンプ場の管理人の存在は、こういう時に頼りになります。

おわりに

仲間との行動でも、気が乗らないときはあるものです。自然の中で働く「第六感」は、あなどれません。

前もって仲間内での「行動セーブ」は話し合っておきましょう。

キャンプ中のトラブルの原因は、「なにもしない」「やらされた」などの、役割分担の打ち合わせミスによるものが大きいものです。
お互いに負担にならないようにと黙っていたら、かえって気まずくなる原因になります。

言葉にせず察しあう気遣いも素晴らしいのですが、キャンプでは『話し合う』ことを大切にしてみてください。

わかっていことでも、言葉にすることが大切です。キャンプで重要なのは「楽しく過ごそう」という気持ちです。
 
 

この記事で使われている画像一覧

  • 20100920214650
  • 20100920214709
  • 20100920214843

本記事は、2012年11月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る