生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 気軽に取り組める出来る簡単なエコ

気軽に取り組める出来る簡単なエコ

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

エコというと身構えてしまう方もいるかもしれません。でも、ちょっとした事がきっかけで取り組めるようになってしまうものです。

自分にメリットがあるな、と、感じると割と簡単に習慣化出来ちゃう事ってありますよね。笑

そんなキッカケが作れそうな、簡単な事を書き出してみました。

受け取らないエコを始める方法

エコ関連で断った方が良いと言われているような物が、自宅にどれだけあるのかをまず把握しましょう。全部山にしてみると、いかに収納スペースが無駄になっていたか実感出来ます。

余分な物を整理して、残す数を決めれば、必要以上に貰わなくなりエコに繋がっていきます。

断った方が良いものとしては、以下のような物があります。

  • レジ袋
  • 紙袋などのショップバッグ
  • 割り箸
  • 使い捨てスプーンやフォーク

それらを整理してみましょう。やり方は、こんな感じです。

STEP1

目的の物を一種類決めて、家中から集めて一箇所にまとめます。レジ袋ならレジ袋を、家中から集めて一箇所にまとめます。タンスの中に入っているような物も探し出しましょう。

STEP2

使う可能性がある数を決めます。山の中から綺麗そうな物を決めた数だけ取り、それ以外は処分します。

STEP3

一定の数以上にならないよう、買い物の時に聞かれても受け取らないようにします。

断ると損した気分になるかもしれませんが、保存している場所の家賃を考えてみてください。保存もタダでしているわけではありません。

エコグッズを活用する方法

エコグッズは持っているだけではエコになりません。エコバッグなどエコ関連の便利グッズを活用しましょう。

エコグッズとしては、以下のような物があります。

  • エコバッグ
  • 保冷バッグ・クーラーボックス
  • 水筒
  • 買い物カゴ

まずは整理してみましょう。やり方は、こんな感じです。

STEP1

目的の物を一種類決めて、家中から集めて一箇所にまとめます。子供の使わなくなったサブバッグなどもエコバッグとして再利用出来ます。

STEP2

使えないような状態の悪い物は捨てましょう。使える物は、洗ったりして使いやすい状態にしておきます。

STEP3

エコバッグや保冷バッグなどは買い物カゴの中に入れておくなど、使いやすい状態で保管しましょう。車を使っている方なら、常に車に入れておくと便利です。

バッグに常備しておくエコバッグは薄手で軽い物の方が便利です。手頃な物が無い場合は、レジ袋を活用すると邪魔になりません。

水道光熱費の比較

水道光熱費などは、他の家庭と比較してみると自覚が芽生えます。一番やりやすいのは、実家との比較です。実家の水道光熱費が幾らかかっているのか聞いてみましょう。

人数や家電の数や年式があるから単純に比較は出来ないでしょうが、実家の方が人数多くて家電も古いのに水道光熱費が少なかったりしたら焦りますよね。悔しいし。笑

漠然と払っていると、そんなものかなー、と、思うんだけど、比較し始めるとエコや節約に燃えてきます。笑

おわりに

エコも簡単な所から始めると続けやすいです。難しく考えずに、まず始めてみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100921134204

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る