生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 経済的で洗浄効果の高い洗濯方法

経済的で洗浄効果の高い洗濯方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

なにかと多忙で洗濯機を回す機会が少ない人で、ついつい洗濯物をためこんでしまう人には、ほんの一手間の工夫で経済的にも安くなる洗濯方法があります。

水の使用量と洗剤の使用量を最低限に抑えることで、洗浄効果も高まるからです。

ポイントその1

なるべく種類別に、まとめて洗濯します。

たとえば、靴下なら靴下だけ。下着なら下着だけ。タオルはタオルだけ。

特に忙しい日常に追われがちなときには、『今日はタオル』『今日はインナー』というように種類別に洗濯するものを分けてしまうと効果的です。

同じ洗剤の使用量、同じ水の使用量でも、効果が違ってくるものです。

服は体のどこに身につけるかによって、素材感や材質感が異なっているのですから。

ポイントその2

洗い落とす汚れの成分の違いがポイントです。

肌に直接触れるものと、外気や靴に触れるものとでは汚れ方が違います。

どちらが汚いかという問題ではなく、皮脂汚れを吸収しているのか、埃やすすなどの汚れをつけているかの違いです。

外の空気に触れている生地と、常に肌に当てている生地とでは、洗い落とす汚れの成分が違ってくるのです。

タオルを使っていて匂ってくるのは、雑菌の繁殖によるものです。同じ種類の汚れと除菌のほうが繊維の奥まで洗えます。

ポイントその3

洗濯する前に分類して、ためておくのがポイントです。

脱いだら全部一緒にしてしまうのではなく、複数のカゴに分けてためておきます。そうすれば「今日は、このカゴを洗濯する」というように分業しやすくなります。

タオルなど、多少荒めに洗濯しても大丈夫なものもありますし、インナーや薄手のシャツなどのように洗濯用ネットに入れて洗うデリケートな衣料品とでは扱いが変わります。

忙しくて疲れている日、休みの日や時間と気持ちに余裕のある日で、勢いよく洗える衣料と、注意が必要な衣料とを分けましょう。これだけで差が出ます。

おわりに

洗濯用の洗剤には、適量があります。少なすぎても効果が得られませんが、多すぎても衣料に石鹸残りが生じてしまったりしてしまうのです。

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る