生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 安価でアウトドア風ファッションを揃えるコツ

安価でアウトドア風ファッションを揃えるコツ

2012年10月22日作成

 views

アウトドアファッションは活動的に見えて、しかも汚れを気にせずに行動できて機能的ですよね。しかし、本格的なアウトドアブランドは高価な物が多い!一着に何万もかけるのは辛いところです。

ここではそれなりにお洒落に気を遣って見える筆者お勧めの安価なアウトドア風ファッションを紹介します。

目次

揃えるべき服・小物

  • ナイロンジャケット
  • 厚手のTシャツ
  • サーマル素材の長袖Tシャツ
  • ネルシャツ
  • ワークパンツ
  • 太目のジーンズ
  • ワークキャップ
  • ハット
  • ショルダーバッグ
  • バックパック
  • スニーカー

これらを揃えて色をうまく組み合わせれば、もうこの時点でアウトドア風ファッションは完成です。

上下で同じような色を組み合わせると野暮ったくなるので、それぞれ寒色と暖色のものがあると便利です。

ブランドの選び方

比較的安価なブランドを選ぼう!

Patagoniaをはじめとした有名アウトドアブランドは高価なものが多いですが、下記のブランドは比較的安価でお勧めです。

  • Columbia :アウターや小物が充実しています。
  • OUTDOOR :鞄やアウター、小物が安価で揃っています。
  • DICKIES :アウトドアとは少し毛色が違いますがワークパンツ・ワークキャップを豊富に取り扱っています。
  • VANS :こちらもストリート寄りですが安価にスニーカーを購入できます。ボリュームのあるものを選ぶと尚良いです。

予算

上記のブランドで揃えるとすれば、全身で3万円もあれば十分でしょう。

  • 上着・・・1万円
  • 中に着るTシャツ・・・2000~3000円
  • ボトムス・・・4000円
  • 靴・・・5000円
  • 鞄・・・5000円
  • 帽子・・・3000円

といったところでしょうか。流行したファストファッション等と比べると総額ではそれなりな値段になるかもしれませんが、ひとつひとつのアイテムは安価です。

アイテムの組み合わせ方

色とサイズの組み合わせ方に気を配るのがポイント!

最も重要なのが色やサイズの組み合わせ方です。このトップスにはこのボトムスが合う、この色とこの色の組み合わせが良い、という点を意識しながら組み合わせを試行錯誤してみてください。

色の組み合わせ方

筆者お勧めの色の組み合わせは下記です。個人的にはネイビーとグレーは他の色に合わせ易く、重宝しています。

  • ネイビー&ベージュ
  • ネイビー&グレー
  • グレー&カーキ

これらにピンクそれらの色を含んだボーダーの物を組み合わせてあげれば充分でしょう。その際、色合いや素材の風合いも気にしてあげると尚良いです。

似たような色を選ぶとぼやけた印象になってしまいます

また、気回しが利く服を一度揃えてしまえば長持ちします。特にもアウトドア系の服装はベーシックなデザインのものが多いため、こういった系統の服が好きな人であれば飽きが来ることも少ないでしょう。

サイズの組み合わせ方

アウトドアファッションはある程度ゆるめに着こなすことが大事です。例えばボトムスをしっかり上げて穿くタイプのものでなく、腰骨の辺りで穿くものにしてみると自然とゆったりとしたバランスにできます。

サイズが大きいものをベルトで締めて腰で穿くと形が悪くなりみっともないので、ジャストサイズで穿いてゆったり見えるものを選んでください。

細身のパンツでも全体的にボリュームを出すことでアウトドア感を出せます。その際は帽子や鞄、小物を身に付けるとなお雰囲気が出ます。

このゆとりのある感覚がアウトドア系の持つ自由で活動的なイメージにつながります。

おわりに

筆者お勧めの安価なアウトドア風ファッションを紹介しました。あくまで安価でそれなりな格好ができるという事に重点を置いているため本格的なアウトドアファッションとは少し異なるかもしれませんが、何かの参考になれば幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121019204527 50813d570dc73

本記事は、2012年10月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る