生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 新入社員が上司へ報告する時のポイント

新入社員が上司へ報告する時のポイント

2012年10月22日作成

 views

はじめに

新入社員の皆さんが、入社してから必ず聞くのが「報・連・相(ほう・れん・そう)」です。これは、社会人の基本となる、「報告・連絡・相談」のことです。コレをおさえれば、仕事の基本はバッチリですよ。今回の記事では、「報告」の仕方をご紹介致します。是非参考にしてみてくださいね。

ポイント1:簡潔に述べること

出来る限り、簡潔に述べるようにしましょう。上司は忙しいので、あなたのだらだらと長い話を聞いている時間はありません。

簡潔に述べるためには、要点を押さえておくことが大切です。報告を始める前に、「何を言うべきか」頭の中で整理しておきましょう。

ポイント2: 結論を先に述べること

結論の見えない話は、上司をイライラさせてしまいます。まずは、結論を先に述べるようにしましょう。

これは特に、女性の皆さんに注意して欲しいことです。女性は長々と話をしてから、やっと結論を言う方が多いからです。

ポイント3: 一旦、紙に書き出してみること

報告の前に、一旦、内容を紙に書き出してみましょう。頭の中も整理できるので、一石二鳥ですよ。箇条書きにすると良いでしょう

また、メモを見ながら報告するのも良いでしょう。但し、メモに終始視線を落とすのではなく、相手の顔を見ながら、メモをチラッと見るのが良いバランスです。

ポイント4: イメージトレーニングをすること

報告の前に、イメージトレーニングをしてみましょう。何から言うか、どういう順番で話すか、どういった調子で話すのかなど、頭の中でイメージトレーニングをすることで、本番でも緊張無く話せますよ。

ポイント5:相手のタイミングを伺うこと

報告を行うときには、相手のタイミングを伺うことが重要です。相手が忙しくて話を聞けない状態で、報告を行っても、なかなか上司は聞いてくれません。タイミングを伺って話を切り出せるようになることも、仕事の一つなのです。

但し、タイミングを伺いすぎて、報告が後手後手に回ってしまい、報告が遅れるのもよくありません。その辺りのバランスを考えましょう。

~上司に報告前に声をかける例~

  • 「○○の件で報告したいのですが、今、お時間よろしいでしょうか?」

  • 「○○の件で報告があるのですが、お手すきの際に、声をかけて頂けますでしょうか?」''

おわりに

上司に、適宜報告が出来る部下は信頼されます。初めはうまくできなくて当たり前です。回を重ねるごとに、上手くなれば良いと思います。今回の記事を参考に、頑張ってみてくださいね。
(Photo by 足成)

本記事は、2012年10月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る