\ フォローしてね /

ぶどうの冷凍保存方法

このライフレシピのもくじたたむ

フルーツを完熟のタイミングで冷凍保存しておくと、一年中味わうことができます。安い時に、まとめ買いして冷凍するとお得です。

冷凍したぶどうは食べやすくて、冬にもオススメです。

冷凍前、準備のコツ

冷凍前の下準備のコツ

  • まずぶどうを洗います。

  • ボールに水を張り、軽くつけて洗いましょう。細かい枝などの繊維質を落とせます。

  • 洗ったら水気をキッチンペーパーなどで吸収しておきます。

デラウェア、小粒のコツ

房のままサランラップに、くるみます。小さなポリエチレンの袋でも大丈夫。一房づつにしましょう。

巨峰・マスカット、大粒のコツ

洗ったあとは、一粒一粒ばらしておきます。小皿に入れて、そのまま冷凍します。

冷凍中、保存のコツ

トレーや皿で一度冷凍すれば、そのあとは収納しやすくなります。

デラウェアなど房のままのものは、一房づつくるんであるものを、さらにまとめてポリエチレン袋に入れても大丈夫。

巨峰など大粒で一粒一粒にバラしてから冷凍したものは、そのあと袋にまとめてポリエチレン袋に入れておきます。

お菓子やアイスの空き箱を利用しても大丈夫。一度、凍らせてあれば、つぶれることがなくなります。かさばらないように収納して保存しましょう。

食卓に出す時のコツ

デラウェアなど房のままのものは、冷凍してあるとポロポロとバラしやすくなっています。

巨峰など大粒のものは、そのまま盛りつけます。

へたからもぎとった個所が、若干傷んでいても、凍ってからのほうがナイフやスプーンで簡単に削り落せます。

メープルシロップをかけると、上品な甘さで美味しく頂けます。

おわりに

少し室温で溶けかかってくると、果皮がしっかりしたままで果実が食べやすくなります。

果皮だけが口の中で残るので出してください。品種によってはピオーネのように皮ごと美味しく食べられるものもあります。

ちょっと風邪気味でビタミン補給をしたいときに、粒のブドウは食べやすくで便利です。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。