生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 絶対破産しないクレジットカードの正しい使い方

絶対破産しないクレジットカードの正しい使い方

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

約800万円の借金を破産せずに完済した筆者が鉄則を伝授!

最初は、ちょっと大きな買い物で入用があって、1回きりにするつもりで使ったクレジットカード。気づいたら、その便利さに乗じて支払い地獄に…!なんてことに

  • なりたくない
  • なってしまい悩んでいる

そんなあなたに、絶対に破産しないクレジットカードの正しい使い方を伝授します。

ポイントその1 困った時のリボ払い 

ついつい、使いやすさにカードをきってしまい、請求書を見て悲鳴!なんてこともあるかと思います。明らかに返済が難しいので、そこで「キャッシング」…これだけは決して手を出してはいけません。そんなことせずとも、解決策はあるのです。

「後からリボ」

昨今ではどこのクレジット会社でも、この制度はあります。要は、一括払いになっていたものでも、所定の手続きをすることで、リボ払いに変更できるというシステムです。

リボ払い=残高に関わらず月額定額(相場は1万円)で返済していく支払い方法

後からリボの方法

  • 契約しているカード会社のネット会員の登録をする
  • ネットバンキングよりログインし、「お支払い方法の変更」⇒「リボ」といったように所定の手続きを踏む(会社によってサイトの経路は異なる)
ネットだとどうしてもわからない場合は、電話で対応してもらうことも可能

クレジット会社によっては自動リボ=一括扱いになったものも、勝手にリボ払いになる」というサービスがあります。

リボ払いについてはコチラも参考にしてみてはいかがでしょうか。

ポイントその2 使用するカードは2枚まで!

「リボ払い」を使えば、2枚なら月2万の返済でどうにかなります。しかし、リボ払いができるからといって、3枚になってしまうと3万。月々に毎回3万の返済があるというのは、家計の中でも結構な出費です。

家計が圧迫されると、どんどんカード生活へ逃げてしまい、どんどん借金が膨らむという負のループに陥るので、最大返済額は2万に留めておきましょう。

原則、カードは使うなら1枚のみが理想(絶対避けたいのは、1枚の限度額が超えたから、もう1枚という増やし方⇒限度額超えたら使用禁止しましょう)

ポイントその3 カードを使う買い物を限定する

カードを使用するのは、購入頻度の最も低いもの上から3番目まで!と決める。

例:家具など

カード地獄に最も陥るパターンは、「何でもカードで決済」してしまう癖にあります。カード決済は出たお金が目に見えない上に、現金は手元にあるので、妙にお金があるような錯覚に陥ります。

そのことから、どんどん金銭感覚が狂いだし衝動買い癖に発展していきます。

金額の低いもの(目安として2万以内)は現金で支払い、購入頻度の高いもの(生活用品や服、嗜好品)は、カード利用を避けましょう。

おわりに

知っておきたい3大タブー

  • キャッシング
  • 消費者金融
  • 滞納

利息について

いまいち把握できていないのが利息。まずキャッシングや消費者金融は利息が高いので、返済しても返済額の約20%前後は利息(=使ってもないお金であるということを肝に銘じておきましょう)

また、利息は、使った額の何%ではなく、現残高の何%で計算されるので、リボ多発や使用額の増加で返済が先延ばしになってしまうと、利息は膨らんでいくわけです。完済を急ぐことを常に意識しましょう。

膨らみすぎて「もう手詰まりだ!」となった場合は、即、簡易裁判所に相談しましょう!

裁判所に相談した時から、整理内容が決まるまで支払いや取立てがありません。

しかし、最後に物をいうのは、いかに借金をなくすかです。カードを正しく使いたくば、「現金主義」を貫きましょう!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100919002815
  • 20100919000635

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る