生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 一人暮らしの食費を減らして節約する方法

一人暮らしの食費を減らして節約する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

(photo by 足成)

実家から出て一人暮らしをすると気楽でいいものですね。しかし、これまで家族がしてくれていた家事も全て自分でこなさなければいけなく、出費も全て自分にかかってきて苦労している人も多いのでは。

ここでは特に無駄が多いと思われる少しでも節約する方法を紹介します。

無駄遣いをなくす

非常にシンプルな方法ですが無駄をなくせば出費、特に浪費が減ります。

例えば食費は無駄なものが非常に多いです。

毎日ペットボトルの水やお茶を買っていませんか?

これは悪い習慣です。お茶を入れた水筒でも持参しましょう。

しょっちゅうコンビニ弁当を食べていませんか?

毎食400円、500円もかけていれば出費がかさんで当然です。しかもコンビニの弁当は添加物が多く健康を害する可能性も。

自炊する

人付き合いもあるかもしれませんが、それは交際費と割り切って考えましょう。帰宅前に寄っていた場所をコンビニからスーパーに変え、できるだけ米を炊き、余った分はタッパーに入れて冷凍しましょう。おかずは売っている自分が好きな惣菜や魚の缶詰、納豆と野菜を食べましょう。野菜ジュースでも構いませんが、できるだけ野菜そのものを食べたほうが望ましいです。

昼食は弁当を持参する

弁当といっても大層なものでなくていいです。ご飯にふりかけや梅干を乗せ、おかずには冷凍食品を3,4品、これにプチトマトや卵焼きでも入れてやれば充分立派に見えます。

前日にこれらを弁当箱に詰めておいて、朝起きたら朝食を作るときにでも電子レンジで温め、少し冷まして包んで持っていけば手軽です。

これだけで月の食費を1万5000円ほどに収められるはず。本当に節約したければ一度試してみてください。

どうしても面倒なときは

弁当を作り始めた当初は習慣として身に付いていなく、どうしても弁当作りが面倒なときがあるでしょう。そういうときは買うか外で食べていいというマイルールを適用しましょう。

  • 週に2回は買って食べる日
  • 毎週金曜日は好きなものを買って食べる
  • 19時までに帰宅できたら翌日の弁当を作る

これに従えば無理せず続けられるでしょう。ルールの設定はあまり無理せず、しかし楽もしないものにしましょう。

料理ができない、ではなく、できるけどしない

という肯定的な考え方でいれば、自然とモチベーションを保てるのではないでしょうか。

浮いたお金で外食や贅沢をする

節約ばかりしていると段々ストレスが溜まってきます。一体何のためにここまで節制しているのだろうか?という疑問が沸いてきてしまうことも。そうなってしまうとよくありません。浮いたお金で好きなものを食べたり、好きなことをしましょう。

そして、一人暮らしは栄養バランスが偏りがちです。人と食事をする機会があったら好きなものを目一杯食べてください。

おわりに

少しは食費を節約できるような気になれたでしょうか。毎日の適当な食事はあなたにとって大事なものではないはず、より価値のあるもののためにお金をかけるべく、頑張って節約しましょう!

この記事で使われている画像一覧

  • 20121020112203 50820acbc8647

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る