生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ひと手間で驚くほど日持ちする!きゅうりの保存方法

ひと手間で驚くほど日持ちする!きゅうりの保存方法

家庭菜園で挑戦する野菜の定番ともいえるきゅうりですが、夏に一気に大量に収穫できてしまったときに食べきれなくて困ってしまうことも……。酢の物などの定番料理が続くのも飽きますし、一家全員でキュウリを食べ続けるのもツライですよね。ここでは、きゅうりが日持ちする保存方法のコツをまとめました。賞味期限の短いきゅうりですが、この方法を使えば2週間以上日持ちします。スーパーの特売で買いすぎてしまったときにもぜひ活用してみてくださいね!

2015年09月11日更新

 views

お気に入り

お肉や魚は冷凍保存ができますが、レタスやキャベツなどの生野菜は、日持ちがしませんよね。

そこで特に、よくお料理にも使い、特売日も多い(笑)きゅうりの保存方法のレシピをご紹介します。

用意するもの

  • キッチンペーパーまたは、新聞紙
  • ラップ
  • ビニール袋

やり方

STEP1

きゅうりを洗った後、キッチンペーパーでよく水気をふき取り、1本ずつキッチンペーパー(または、新聞紙)に包みます。

STEP2

キッチンペーパーで包んだものを、空気が入らないよう気をつけながら、ラップでさらに包みます(キッチンペーパ時同様、1本ずつ)。

STEP3

ラップで包んだきゅうりを、ビニール袋にまとめて冷蔵庫へ入れて完了です。(ラップのままでも大丈夫ですが、冷蔵庫奥の、冷風があたるところには置かないようにしてくださいね)。

ラップに水滴が多くなってきたら(大体1週間に1回くらい)、キッチンペーパーとラップを替えた方が、より日持ちします

おわりに

通常、常温なら2~3日間、冷蔵庫保存でも1週間ほどしか、もたないキュウリなので、いつも、漬物にしたりしていました。

このキュウリの保存方法をやるようになってからは、2週間~20日間たっても、きゅうりが傷まないので、野菜の無駄もなく、節約にもなっています。

(Photo by nanapiオフィシャル)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120405104231 4f7cf887deb0f
  • 20120405104134 4f7cf84eec574
  • 20120405104152 4f7cf86004482
  • 20120405104206 4f7cf86e81251

本記事は、2015年09月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る