生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 恋と愛の違い~恋愛における大切な考え方~

恋と愛の違い~恋愛における大切な考え方~

2013年04月08日更新

 views

お気に入り

  • 恋は過程、愛は結果
  • 恋から愛に変わるとき
  • 恋愛の言葉の意味

恋は過程、愛は結果

愛と恋の違いについて。

「恋は過程で愛は結果」だと。。。。

恋が育ち、愛になるものだと考えている。

恋というのを辞書で調べた時に、こんな風にでる。「特定の異性に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。」と。

恋というのはやはり恋こがれる気持ちってことだ。それは、一緒にいたいとか、一人占めにしたいとか、ドキドキする。という部分だ。また男女なので、「性」という部分もあって恋に落ちる。

なら、愛とは何かという部分なのだが。愛は「いつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。」と辞書にある。

人をいつくしむ気持ちとは、その人を唯一の存在と感じて大切にし、相手というものを認め、受け入れること。ただ「好き」でいるだけではなく、「異なる価値観の受容」でもある。

恋から愛に変わるとき

例えば、ペットを飼うときの事を思いだして欲しい。ペットを飼うときは、ペットショップに行って、何十匹のなかから、自分の気に入った一匹を選ぶと 思う。そして、そのペットに名前をつけるとする。そうすると、その一匹は何十匹の中の一匹から、世界でたった一匹になる。そして、そのペットと遊んだり、 話かけてみたり、餌をあげたりして、どんどん絆というものが増えてくる。そして、それはかけがえのない唯一の存在になる。最初は、ただの何十匹のなかの一 匹だったのが、結果的に世界でたった一つの存在になる。。。。

もし、そのペットが死んでしまったとして、まったく同じ種類の似たようなものを買ったからと言って、それはまた別のものと感じるのではないだろうか?どこ違う、どんなに似ていても、心は違うものだと認識する。。

そして、その唯一の存在、かけがえのないもの、と感じたとき。

それが愛の生まれた瞬間でもあると。

最初に、そのペットを飼うときというのは、「かわいい」とか「癒される」とか、そんなものかもしれない。これは愛というより、恋に近い感覚だ。

恋愛という言葉の意味

そして、「恋愛」という言葉が世の中にはある。

これは、その流れもだし、いろいろなものを一言で表している。

ただ相手に恋焦がれて、ドキドキする。そして、そのドキドキだけでなくて、それは愛へといずれ変わっていく。そして、それはどっちも存在する感情だ。恋愛というものの流れをも表していると感じる。

だから、恋は過程、愛は結果だ。

本記事は、2013年04月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る