生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. はじめてのスポーツ観戦(バスケットボール編)

はじめてのスポーツ観戦(バスケットボール編)

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

プロ野球、Jリーグなどを観戦された方もいらっしゃると思いますが、日本にはバスケットボールのプロリーグもあります。

「bjリーグ」といい、10月から翌年の4月に掛けて全国19チームが52試合を戦います。その後、上位チームが5月までプレイオフを戦いチャンピオンを決定します。

今回はそんなbjリーグの観戦方法についてご紹介します。

チケットを購入しよう!

STEP1 近くのチームを探しましょう

bjリーグのチームは日本各地に19チーム(2011-2012シーズン)あります。自宅近くのチームを探してみましょう。

チーム一覧はこちら

東地区
西地区

STEP2 スケジュールを確認しましょう

各チームのHPに「スケジュール」欄がありますので試合日程を確認しましょう。

 例)京都の場合 スケジュール

STEP3 チケットの購入場所

多くのチームのチケットが以下の3つのプレイガイドで購入できます。

  • ローソンチケット URL
  • チケットぴあ URL
  • e+ SPORTS イープラス URL

どのページにも検索欄がありますので、そこに自分が観たいチームの名前を入れると購入可能なチケットが表示されます。

STEP4 座席の種類を選びましょう

席の種類は様々です。チームによっても違います。値段も1,000〜10,000円と幅広いので人数や予算と相談して決めましょう。

席種は各チームのHPで確認できます。

オススメは選手の迫力あるプレーが観られる、選手の
 高さが実感できる1階席です。

バスケ観戦を楽しもう!

チケットが準備できれば、いざ会場へ。

会場では試合以外にも様々なイベントがありそちらも楽しむことができます。

以下はチームや会場によって異なる部分もあります
のでご注意下さい。

試合の流れは以下の通りです。

STEP1 会場到着後

  • パンフレットのチェック

 入場時にもらった案内パンフレットでその日の試合についての情報をチェック

  • 食べ物やグッズの購入

食べ物を購入したり、グッズを購入するのもいいと思います。

会場によっては名物料理もあります

STEP2 「開演」

試合開始1時間前に「開演」し、各種イベントがスタートします。

  • チアダンスチームによるダンス

  • 選手入場

各会場で趣向を凝らした演出の中、両チームの選手が登場します。

  • ウォーミングアップ開始

ウォーミングアップ時からダンクシュートなども惜しみなく披露されますので「開演」時から観られることをオススメします。

STEP3 試合開始

試合は10分×4クォーターとなっています。
  • 大音量のBGMの中、試合は進行します。
  • 応援

各チームごとに応援グッズを使ったオフェンスコールやディフェンスコールによる応援があります。 (相手チームの選手によるフリースローの際にはブーイングも起こります)

  • 外国籍選手

外国籍の選手が2〜3名は出場していてダンクシュート等、迫力あるプレーを楽しむことができます。

  • 元NBA選手や日本代表経験選手

チームによっては元NBA選手や日本代表経験選手も在籍されており、ハイレベルなプレーを観ることができます。

STEP4 ハーフタイム時

ハーフタイム時にも

  • チアダンスチームによるダンス
  • チームによっては観客が参加できるゲームイベント

などのイベントがあり、後半開始までの時間を暇にすることなく過ごせます。

STEP5 試合終了後

チームによっては選手によるサイン会などもあります。会員限定などの場合が多いですが、チームによっては一般でも参加可能なイベントなどもあるみたいなのでぜひ観戦の前にHPなどをチェックしてみてください。

おわりに

これまで中々バスケットボールの試合を観戦する機会は無かったですが、bjリーグの試合は多くの街で開催されています。

室内競技ですので、天気や気温を気にすることなく観戦を楽しめる点もいいところです。

白熱する試合とエンターテイメント性の多い演出やサービスをぜひ一度体験されてはいかがでしょうか?

この記事で使われている画像一覧

  • 20100920092228
  • 20100920121404
  • 20100920121424

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る