生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3. 健康で強い体を作る方法

健康で強い体を作る方法

2014年06月19日更新

 views

お気に入り

はじめに

健康で強い体を作ると言う事により、病気にかかりにくくなります。そうなれば、医療費がかかると言う事も少なくなり、節約も出来ます。ここでは強い体を作るのに欠かせない食事・睡眠・運動の大切さとコツを簡単に書いていきます。

STEP1:食事

食事はエネルギーを作ったり、骨や血肉、内臓を作ったり整えたりする為、欠かしたり、偏らせたりしてはいけません。特に朝は一日で最も食事を摂取しなくてはいけないのです。朝は忙しくても必ず食べましょう。

忙しかったり、食欲が無い場合は、前の晩にたまねぎやキャベツ、トマトやにんじん等の野菜と肉少しを煮込んだコンソメスープ等を作っておくと良いでしょう。時間の短縮も出来ますし、野菜の栄養を効率よく摂取できます。

STEP2:運動

運動といっても、ハードな筋トレではなく、チョコチョコとした簡単な運動でいいのです。例えば、会社や学校の帰りに一駅分は歩く程度でいいのです。

今まで日課として体を動かしていなかったのにいきなりハードな運動をする事により、体に大きな負荷がかかり、逆に健康を害してしまう危険性があります。

先ずは毎日何かしら体を動かす癖をつけましょう。そうする事により、新陳代謝が良くなり、体の老廃物が出やすくなります。また、水分も多く摂る癖をつけましょう。

STEP3:睡眠

睡眠は一日の体の疲れやダメージを回復し、体の修復を行う為に必要な時間です。理想睡眠時間は6時間か9時間でしょう。睡眠には波があり、簡単に言いますと、眠りが浅い時間と深い時間が交互に来ます。

一般的に、一回のサイクルが3時間おきなので、眠りが浅くなった時に起きる癖がつけば、深い睡眠を必要としている重要な時間を侵す事も無く、体の負荷がかかりにくく、目覚めが爽快になりやすいです。

おわりに

ここでは医療費を浮かせる為に健康な体作りをしようと言う記事ですが具合が悪くなっても我慢すれば強い体で治るという記事ではありません。

あくまで、かかりにくくする為の予防として、健康な強い体作り、医療費を浮かせようと言うコンセプトとしています。なので、具合が悪くなったら無理せずに病院へ行きましょう。それも健康で強い体を作る方法の一つです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100918141324

本記事は、2014年06月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る