生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初めての人に向けたFX入門(ツール編)

初めての人に向けたFX入門(ツール編)

2013年03月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

ということで、とうとう4回目です。今回はツール編になります。

ウェブサイトでチェックする

仕事でネットを使われる方は多いかと思いますが、それの合間合間にチェックしていきましょう。

朝に前日の動きをチェック

日本の場合、米国のニューヨーク市場が終わってから東京市場が開きます。その関係もあって米国市場の動きをそのまま引き継いで動くことが多いです。ですので、朝市場の動きをチェックしておきましょう。

ツイッターにFX関連のリストを

つい先日(9/15)に日銀の為替介入が行われました。この情報は一番早いところで10:40頃にツイッターで「介入が入ったのでは?」と囁かれていました。正式発表があったのは10:50のことです。

たった10分の違いではありますが、その間にどれほど儲けに差が出たでしょうか。情報を掌握するためにもツイッターにFX情報のリストを作っておきましょう。

zaiFXといった専門誌や専門家のツイッターを常にチェックしておくことで、チャンスも逃がすこともなくなるでしょう。

それ以外にも重要な情報を掴むことができますので、ぜひ利用するのがよいかと思います。ツイッターはちょっとという方はRSSという手段もありますのでこちらもチェックしてみてください。

iGOOGLEガジェットを利用しよう

iGOOGLEのガジェットに10分足のチャートのガジェットがあります。さすがに細かくいくつもというのは難しいですが、日足と10分で大まかな動きは把握できるはずです。

また、全体の為替リストもガジェットにあるので、そちらも一緒においておくと参考にできて良いです。

もしものための携帯

携帯でもFXができます。ただ、iPhoneを利用したもの以外(imodo等)でブラウザで取引するものでの取引はあまりおすすめしません。アプリがあるならアプリを使いましょう。

というのも、携帯のブラウザの場合はその読み込みの時間のときの数字しか表示されません。よってそこから動いた場合の数字がわからないのです。

なので基本、携帯での取引をしない方がいいのです。あるのであればアプリを使うこと。それが使えない環境であれば、避けるべき。使うとしても緊急時のみと考えておきましょう。

おわりにー常にトレードを意識する体質へ

携帯を使うというトレードも全くないとは思います。ただ携帯一本で集められる情報というのは限られていますし確実性の高いものというのが得られにくい環境でもあります。

ですが、それだけに為替や経済の情報に敏感になることで頭が鍛えられていくことも間違いないのです。情報を得て、鍛えていくことで性格なトレードが出来るようになっていきます。

本記事は、2013年03月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る