生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夜行バスに乗る時に気をつけたいポイント

夜行バスに乗る時に気をつけたいポイント

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

学生のときや、費用を抑えたいときは夜行バスで移動することも多いはずです。新幹線や飛行機に比べると、時間はかかりますが、かなり格安ですし、寝てれば着くので夜行バスは人気がありますよね。

しかしはじめて夜行バスに乗るときは、いろいろ気をつけなければいけないポイントがあります。今回は夜行バスに乗るときに気をつけたいポイントを紹介します。

夜行バスに乗る時に気をつけたいポイント

携帯電話の使用

夜行バスは基本的に電気を消されてしまいます。途中のトイレ休憩や、最初や降りるとき、アナウンスがある際等だけ明かりがついています。

ほとんどの時間は消灯していて、寝ている人も多いので、基本的に周りに迷惑になる携帯電話の使用は控えましょう。携帯電話の明かりで眠れない、マナーモードにしていてもバイブの音で目覚めてしまう人もいます。

自分が眠れないときにも携帯電話の使用は控えましょう。

周りの人のことも考えて、携帯電話の使用はトイレ休憩の時に済ませるようにしましょう。

食べ物、飲み物について

夜行バスでは、飲み物や食べ物の飲食を許可しているところが多いです。その中で気をつけなきゃいけないのが、においです。

トイレ休憩で訪れるサービスエリアで食べ物を購入する人も多いですが、においがきつい牛丼やカレー等はバスの中では食べないほうがよいでしょう。

以前私が乗っていたバスで、牛丼を食べている人がいましたが、食べた後もにおいが車内にこもっていて具合が悪くなったことがあります。周りの人への配慮も忘れず飲食をしてください。

時間を守る

必ず集合時間を守るようにしましょう。客の中には、就職活動中の学生や、出張中のサラリーマン等たくさんの人がいます。集合時間はあらかじめ決まっていますが、必ず遅れてくる人がいます。

はっきり言って、時間を守らない人は迷惑ですし、交通量によっては大幅に到着時刻が遅れたりして、「仕事に間に合わない」、「就職の面接に間に合わない」という人も出てきます。

新幹線や飛行機とは違って、渋滞によっては到着時間がだいぶ遅れる場合があります。そのため、少しでもスケジュールどおりに到着させるためにも、集合時間は守りましょう。

おわりに

夜行バスは格安ですし、気軽に利用しやすいですよね。しかしルールを守らず周りに迷惑をかけてしまう人も多く居ます。紹介した気をつけたいポイントを守って、快適なバスの旅にして下さい。

photo by http://www.flickr.com/photos/billward/2858932924/

この記事で使われている画像一覧

  • 20101020105712

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る