生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 登山ビギナーの服装を選ぶ方法

登山ビギナーの服装を選ぶ方法

2013年02月15日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近、「山ガール」を名乗る女性たちが、登山を楽しんでいるようです。彼女たちばかりではなく、老若男女の初心者の登山家たちへのアドバイスです。

行き先によって違いはありますが、計画を立てるとき、ご一読ください。

服装アドバイス

帽子

日射し除けや後頭部の保護の役目があります。夏は、涼しいメッシュのあるもの。春・秋はウールやフリース素材のものがおすすめ。

長袖シャツ

シャツには限らず、衣類は汗や雨で濡れても冷たくならない、速乾性の素材で作られた者が良く、登山用のものがベストです。

長ズボン

速乾性のストレッチ素材のできたら登山用ズボン。少し余裕があるサイズで、動きやすいことが大切。

ソックス

薄いと、靴擦れや豆の原因になるので、登山用の厚手のものがおすすめ。

ザック

日帰りなら、15~20リットル程度の大きさ、取り出すことの多い地図・カメラなどは、ウエストポーチにまとめると便利です。

履きなれた登山靴、またはハイキングシューズ。これも防水透湿性素材のものにする。

その他のポイント

ポイント1

山では気温の変化が激しいのでレイヤード(重ね着)で対応する。気温に応じて調整しやすい服装スタイルにしておきましょう。長袖シャツに長ズボンが基本です。

ポイント2

山の天気は変わりやすいものです。雨具(ポンチョと合羽ズボンが便利)は、忘れずにザックに入れましょう。

ポイント3

経験上ぜひ「ジプロックの袋(しっかり口が閉まるビニール袋ならどんなものでもOKです)」を利用しましょう。

雨対策で、濡らしたくない携帯や、ティッシュペーパーなどをジプロックの袋に入れてからザックに入れると、急な雨でも安心です。

おわりに

自然と関わりあうことは、ストレス解消に役立ちますが、逆に自然の急激な変化は、命の危険さえあります。万全の計画と準備をして、楽しい登山を始めましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100918170947

本記事は、2013年02月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る