生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 節電生活の第一歩になる驚きの方法って?

節電生活の第一歩になる驚きの方法って?

2016年03月02日更新

 views

お気に入り

日々の生活で節約を考えると、食費・水道代・ガス代・電気代などがありますよね。その中で電気代は、取り組みやすい節約じゃないかと思います。そこで今回は、電気代のなかでも「テレビの電気代」を節約するための驚きの方法をご紹介します。

「テレビのリモコンを使わない」だけで節電に!?

【リモコンを使わない】、それだけで節電になるんです。

というのも、テレビで節電する際には、待機電力のカットを狙うわけですが、これって主電源を切らないとダメなんですよね。

でも、リモコンを使っているとついつい主電源を切るのを忘れてしまいがち。そこで思い切ってリモコンを使わないのです。

そうすれば、待機電力のカットはもちろん、無駄なテレビ時間も減って一石二鳥ですよ。

とはいえ待機電力の電気代ってそんなに大きくないみたい…

一般財団法人 省エネルギーセンターによる「平成24年度 エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(待機時消費電力調査)報告書」によると、テレビの待機電力は1.66W。そこまで大きくないようです。

とはいえ、「リモコンを使わないようにする」ことによって、テレビをつけるのが億劫になって使用時間が減れば、それで大きな節電になる可能性もあります。資源エネルギー庁の「トップランナー基準の現状等について」によると、世帯当たり電気使用量の約9%をテレビが占めているので、テレビの使用量自体が減るのは大きなインパクトになりそう。

リモコンを見えないところに片付けるだけで簡単にできる節電方法なので、まずはここから始めてみることが、エコの第一歩になるかもしれませんよ。

とはいえ、家族がいる場合は反感を買う場合もあります。理解を得てから始めましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100917212506

本記事は、2016年03月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る