生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ESTA(エスタ)とは?アメリカ旅行前の必須手続きESTAの基礎地域

ESTA(エスタ)とは?アメリカ旅行前の必須手続きESTAの基礎地域

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

ESTA(エスタ)とは?

「ESTAって何?どんなもの?パスポートみたいな冊子になってるの?」と疑問をもつ方も多いかもしれません。

しかしESTAは「申請番号」を取得するだけの、オンラインですぐにできる申請です。パスポートのように面倒な手続きも必要なく、冊子が発行される、というものではありません。

最初にある画像は、申請番号を取得したときのオンラインの画面です。プリントアウトすることができます。

実際の申請方法(ESTAの書き方)

ESTA申請代行をして手数料を要求するサイト(会社)がたまにあります。ESTAの申請の正式な手数料は14ドルで、申請方法も簡単ですので自分でやるようにしましょう。

ESTAの公的説明

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。 このオンラインシステムは、ビザ免除プログラムの一部で、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で旅行するすべてのVWP渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければなりません。

ESTA(エスタ)が必要な人

ESTA(エスタ)とは、 米国(アメリカ)にビザを取得することなく(つまり、パスポートのみで)90日以下の短期訪問(商用・観光目的)をする全ての人に必要です。

ESTA申請に必要なもの

  • パスポート(パスポート番号)
  • インターネット環境
  • パソコン
  • クレジットカード(VISA/Masterなど。JCBは不可)

どこで申請できるの?

オンラインで申請することができます。

いつ申請すればいい?

ESTA申請は旅行前ならいつでも可能です。

ESTAは通常一度承認されれば、アメリカ(米国)へ複数回の渡航が可能です。

誰が申請できる?本人のみ?

パスポート番号など必要情報が必要なので、基本的には本人が行いましょう。しかし、外務省サイトには以下のとおり記述があります。

インターネット環境のない方や英語による申請が困難な方等は、申請者本人に代わって代行者が申請手続きを行うことも可能です。

有効期限は?

ESTAの有効期限は2年間です。しかしそれまでに申請者のパスポートの有効期限がくれば、それが有効期限になります。

その他注意事項

ESTA申請には14ドル必要です。

2010年9月8日までは無料だったので、無料でできると思っている方も多いかもしれません。現在は有料になっているので注意してください。

詳細はこちらをご覧下さい。

詳しい申請方法

これでもうまくいかない方やブラウザ非対応の方・ほかの支払い方法をご検討中の方は外部サービス- ESTA ASIA エスタ手続きセンターなどのサービスをご利用することをおすすめ致します。

詳しい申請方法は以下のページで説明しています。
- 【記事の価値:18,000円】初めてESTA(エスタ)を申請・取得する方法

パスポート申請方法についてはこちら

この記事で使われている画像一覧

  • 20100917204338

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る